ここから本文です

ニコ生視聴者は2.5万超!JKクリエイターの祭典は熱量が凄すぎる

4/14(金) 18:22配信

東京ウォーカー

4月2日(日)、東京・原宿にて、SNS世代のための祭典「Teens Creative Fes 2017 HARAJUKU」が開催された。当日は、約7000人もの応募者から、抽選で当選した約300人の10代女子が来場。2万5000を超えるニコニコ生放送の視聴者もリアルタイムで参加した。今回は、10代女子の圧倒的な熱量を感じられた本イベントの内容についてレポートする。

【写真を見る】SNSを中心に活動するJKクリエイターたちが一堂に集結!

「Teens Creative Fes」とは、“クリエイティブ活動を楽しもう”をコンセプトに、10代女子がフォロワーからパフォーマーになるきっかけを提供し、次世代の人気クリエイターを輩出していくことを応援する、「魔法のiらんどclub」主催のリアルイベント。今回が初の開催となる。

そんなクリエイターになりたい10代女子が集まったからか、実際に参加して感じたのはWEBを通じてのコミュニケーションも含めたイベントの異様な盛り上がりだ。最近では、各種イベントでニコニコ生放送などを取り入れることが多いが、本イベントが明確に他と異なるのは“みんなで作っている”という感覚だ。司会者を務めたAKIをはじめ、出演者が自然な流れでニコ生のコメントを拾いリアクションして見せたかと思えば、さらにそれに対して来場者やニコ生視聴者が反応し、イベント全体に一体感が生まれていた。

オープニングでは、女子高生流行語大賞2016第1位にも選ばれた「卍(まんじ)」というワードに対して、「『卍』って何!?」と激しく困惑する司会者のAKIと、出演者たちがやり取りする一幕も見られた。

本イベントの企画・プロデュースには、普段からSNSのライブ配信や動画などで活動している、企画が得意な女子高生「JKクリエイター」が加わっている。彼女たちによって“10代女子に向けた、2017年のトレンド”が集まったステージの内容を紹介していく。



■ 豪華パフォーマーによる参加型ステージ

Twitterフォロワー数17万人を超え、ツイキャスやニコニコ動画などさまざまな動画メディアで活躍中の人気読者モデル・ほりえりくと、古川優香によるリアルゲーム大会や、音楽ユニット「ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ」による演技ステージなど、10代女子に大人気のパフォーマーが登場。来場者やニコニコ生放送視聴者を巻き込んだ参加型のステージが繰り広げられた。

リアルゲーム大会では、罰ゲームとしてジュノン・スーパーボーイ・アナザーズのメンバーが眉毛を書かれたり、古川優香が額に“肉”と書かれるも会場やニコ生からは「それでもかわいい!」といった声が聞かれたりと、さまざまな展開で盛り上がりを見せた。

さらに、YouTubeチャンネル登録者数50万人を超え、10代女子から圧倒的な支持を誇る「アバンティーズ」も登場し、動画制作の裏話や、罰ゲームをかけた「新学期に友達がたくさんできる自己紹介」ゲームなども披露された。

動画制作の裏話では、ネタ動画を中心に活躍する彼らの 人気コンテンツ「iPhone7を凍らしてみた」や、同居して動画制作しているというその体制についてもエピソードが飛び出した。



■ クリエイターを目指す 10代女子が多数登場

クリエイターを目指す10代女子が登場する各種ステージも実施。目玉となる「韓国トレンドステージ」では、10代に大ブームの韓国をテーマに、韓国が大好きなJKクリエイターたちがステージを企画。韓国情報ライター・高井香子がゲストで登場し、韓国が大好きなJKとともに、2017年の韓国トレンドに関するトークで盛り上がった。

また、10代女子に向けたトレンド記事の中から、優秀な記事を書いたライターに贈られる「トレンドライター of the year 2016」の発表や、3月までJKライター・JKエディターのパイオニアとして、ティーン向け雑誌を中心に活動していたもーちぃの登場など、10代女子のクリエイティブ活動を後押しするステージも実施された。

さらには、ニコニコ動画の「歌ってみた」で活動している男性アーティストユニット「CLEANERO」や、今話題の2.5次元舞台などで活躍する舞台俳優・山本一慶が登壇。アーティストや女優を目指す10代女子がインタビューを行うなど、憧れの人に一歩近づけるスペシャルな企画も行われた。

約4時間にわたって開催された、SNS世代のための祭典「Teens Creative Fes 2017 HARAJUKU」。エンディングでは、第2回となる「Teens Creative Fes 2018」の開催決定が発表されて幕を閉じた。

このイベントから新たな“JKクリエイター”が生まれる予感をひしひしと感じられた。早速第2回の開催が決定した「Teens Creative Fes」から今後も目が離せない!【ウォーカープラス編集部】

最終更新:4/14(金) 18:22
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。