ここから本文です

「新入社員が2日で辞めた」を防ぐ術は、NHK歌のお兄さん交代に学べ。(後藤和也 産業カウンセラー/キャリアコンサルタント)

4/14(金) 5:56配信

シェアーズカフェ・オンライン

先日、4月から入社した新入社員が2日で退職した、といった出来事が話題となった。SNS等に退職したと書き込まれたことがきっかけのようだ。

4月から働き始める人が何十万人もいることを考えればそんな人もいるだろうということになるが、早期の退職は莫大な手間とコストを採用にかけている企業にとって多額の損失となってしまう。

人手不足の中で新入社員に逃げられないためにはどうすれいいか? そこで参考になるのが歌のお兄さんの交代方法だ。

■NHK歌のお兄さんが交代した!
筆者は二人の子育て中の父であるが、4月からNHK「おかあさんといっしょ」の歌のお兄さんが交代した。お兄さん歴は歴代最長の10年間であり、子どもを授かってからずっと慣れ親しんできた存在であったため、思わずグッときた次第だ。

「NHK Eテレで30日朝に放送された「おかあさんといっしょ」(月~土曜、午前8時)で、「うたのお兄さん」の交代あいさつが行われた。(中略)花田を含めた出演者5人で「にじのむこうに」を歌った。5人は画面中央で手を合わせると、花田を中心に手をつないで歌った。
日刊スポーツ「11代目うたのお兄さん、横山だいすけ卒業あいさつ」2017/3/30」

上記の放送については、卒業式を思わせる演出に感動すると同時に、随分丁寧な引き継ぎだな、という感想を抱いた。

■人気こども番組に見る最終回の演出
そういえば、同じく子ども向けの「プリキュア」や「仮面ライダー」シリーズの最終回も子どもと一緒に見たが、それぞれ最終回には必ず次シリーズの主人公が出演し、次週から新シリーズが展開する旨の告知(暗示)を丁寧に行っていた。

筆者の子ども時代もヒーロー物やアニメなど、子ども向け番組を見ていたが、ここまで旧番組と新番組の橋渡し的な演出が丁寧になされていた記憶はあまりない。せいぜい番組終了後に「来週からは○○が新しく始まるよ!」程度の番宣がなされていただけのように思う(むろん筆者の見聞きし、かつ記憶の範囲内ではあるが)。

既に実質の最終回的は放送済みであったため、単に「次シリーズの番宣」という認識でいたが、ここまで同旨の演出が続くからには、番組側の何かしらの配慮が感じられる。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

シェアーズカフェ・オンライン(SCOL)

シェアーズカフェ株式会社

SCOLはマネー・ビジネス・ライフプランの
情報を専門家が発信するメディアです。
現在書き手を募集しています。特に士業や
大学教授、専門家を歓迎します。