ここから本文です

現在地や到着時間を「Googleマップ」で共有する方法

4/14(金) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

カーナビアプリ「Waze」の機能の中でも特に優れているものの1つに、自分の位置情報と到着予定時刻を共有できる機能があります。このおかげで、相手に聞かれる前から、到着予定を伝えることができます。しかも、それを「Googleマップ」上でもできるようなったのです。

【画像付記事は、こちらからご覧いただけます】

連絡先に登録されている友人と位置情報を共有するには、メニューを開いて、「現在地を共有」をタップしてください。すると、共有期間などいくつかの共有オプションが表示されます。

位置情報を共有する期間は、15分間から最長3日間までの中で選べます。または、手動でこの機能をオフにするまで、ずっと相手と位置情報を共有したままにすることも可能です。同じメニューをタップすれば、いつでも共有をオフにできます。

それ以上に便利な機能は、到着予定時刻の共有でしょう。

共有するには、ナビを開始してから画面下部の移動時間表示をタップし、オプションメニューを展開します。「移動状況を共有」をタップし、到着予定時刻を送りたい友人について選択しましょう。

リアルタイムでの位置情報共有は、目的地に到着した時点で解除されます。いつものことですが、Googleはこの機能を徐々にロールアウトしていますので、今後1週間ほどは、AndroidやiOSのGoogleマップに注目しておくと良いでしょう。


Thorin Klosowski(原文/訳:風見隆/ガリレオ)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。