ここから本文です

「スコーピオンパス」「ホッケーパス」 度肝抜いたオーバメヤンの神業アシストに称賛の声

4/14(金) 8:10配信

Football ZONE web

CL準々決勝第1戦の本拠地モナコ戦で香川に絶妙なバックヒールパス

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は現地時間12日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦の本拠地モナコ戦で1ゴール1アシストを記録したが、チームは2-3で敗れた。前日にチームバス爆破事件の標的とされたチームを鼓舞する力強いパフォーマンスを見せた香川だが、サッカー界の度肝を抜いたのは韋駄天ストライカーの神業アシストだった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

「ピエール=エメリク・オーバメヤンがモナコ戦で信じられないようなスキルを見せて、ファンを呆然とさせる」と特集したのは、英地元紙「デイリー・ミラー」だった。

 0-2とモナコリードで迎えた後半12分に、オーバメヤンが圧巻のプレーを見せた。左サイドからDFラファエル・ゲレーロがペナルティボックスにクロス。中央で待つオーバメヤンよりも後方にボールは流れたが、ボールに背を向けるように反転しながら右足の裏でダイレクトパス。超絶のバックヒールパスに反応した香川が左足で切り返し、GKを交わすと、MFウスマンヌ・デンベレは無人のゴールに押し込むだけだった。

 記事ではオーバメヤンのアクロバティックなパスを「表現不能」と評価したが、ツイッターの世界でも「スコーピオンパス」「ホッケーパス」と称賛の声が巻き起こった。

香川を称える声も「信じられない力強さ」

「おー、なんて動きだ。オーバメヤンがクレージーなスコーピオンパス。狙ったパスか分からないけれど、効果的だった」
「オーバメヤンのカガワへのスコーピオンパス。GKをかわしたパスで、デンベレがタップイン」
「オーバメヤンの史上最高のホッケーパス」
「オーバメヤンによる、なんてセカンドアシストだ!!!」

 オーバメヤンの妙技に驚きのツイートが飛び交うなか、「カガワが信じられない力強さを示し、セーブを免れた。そして、オーバメヤンのバックヒール…… 数十年に一度のホッケーアシストだ」と、アシストを記録した香川のキープ力を称える声も出ている。

 ドルトムントはバス爆破事件のショックを隠しながら90分間の戦いを終えた。1得点1アシストの香川と超絶パスを決めたオーバメヤンの奮闘は、ドルトムントの逆転4強進出に向けて追い風になりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/14(金) 8:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新