ここから本文です

月の満ち欠けでキレイになる。- 下弦の月編

4/14(金) 18:30配信

VOGUE JAPAN

潮の満ち引きは、主に月の引力によって起こっている。それほど月がもつパワーは強大であり、人間にも少なからず影響を与えていると言われている。ならば、月のパワーを借りてキレイにならない手はない。月の周期ごとにおすすめの「MOON美容」を、フォーチュンセラピストのKOKOri.さんに伺った。

カバー感を出さずにアラをオフ! 悩み別、トレンド肌づくりQ&A。

4月のMOONカレンダー
満月 4/11 下弦の月 4/19 新月 4/26 (上弦の月 5/3)

ダイエットを始めるなら、今がチャンス!

満月が徐々に欠け、新月へと向かう下弦の月の時期に、私たちの体と心はどのように変化していくのだろう? 吸収力が高まる満月とは対照的に、新月へ向かって徐々に月が欠けてゆくこの期間は、心身ともに“欲”が鎮まる時期。排出する機能が活発になり、この時期からダイエットを始めると成功率も高めに。インナーケアやボディケアでは、血液の質や血行、血管の働きを整え、デトックスを促して。また、排出が高まるからこそ、肌には吹き出物などができやすくなるといった難点も。栄養過多なお手入れは避け、シンプルで丁寧なスキンケアを心がけて。

ここからは下弦の月の周期に取り入れるべき食、メイクアップ、ボディケアを具体的に紹介する。

Food : 野菜中心のシンプルな食生活でデトックス。

排出機能が高まる今の時期に補いたいのは、美と健康の大敵・活性酸素を除去する成分。代表例は、ビタミンC。ケールやキウイなどに多く含まれるほか、アーモンドオイルならビタミンB2も同時に摂取でき、肌と体の代謝をより促すことが期待できる。

Makeup : 上品ななじみ色を使い、自然体の美しさを極めて。

多少なりとも女性は、外見の変化が内面にも影響する生きモノ。下弦の月の時期は、体と同じく、心も排出モードが高まっているので、華美なヘア&メイクで気分を刺激するのはNG。素の美しさが引き立つコスメを厳選し、ナチュラルビューティな魅力をアピールして。

<左から>
微細パールが輝く、乳白ピンク。手肌を美しく魅せる色は爪への優しさもピカイチ。一度塗りならベースコートとして、4度重ねればネイルカラーのように高発色する。
ウカ カラーベースコート ゼロ 1/0 ¥2,000(4月20日発売)/ ウカ トーキョーヘッドオフィス(03-5775-7828)

クリア発色のネオンオレンジ。唇にのせると個々の水分量に応じて自分だけの色に変化する。気分が上がる、レッドカラントの香りつき。
クラランス コンフォート リップオイル 05 ¥3,200(5月26日発売)/クラランス(03-3470-8545)

ミネラルやアルゲエキスなどのナチュラル成分を配合した、まつ毛に優しい処方。根元が太くて先が細い、理想的なフォルムへ。素まつ毛が増えたような自然、かつ羨望の仕上がりを叶える。
ジェーン・アイルデール ジェットブラックマスカラ 全1色 ¥3,200/エム・アール・アイ(03-6419-7368)

1/2ページ

最終更新:4/14(金) 18:30
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年9月号
2017年7月28日発売

700円(税込み)

ララ・ストーン、ドウツェン・クロース、ナターシャ・ポーリーなどトップモデル6名が表紙で豪華競演。