ここから本文です

ドルトDF、爆発事件で負傷し”長期離脱”へ。CL第2戦やドイツ杯準決勝など欠場

4/14(金) 7:02配信

フットボールチャンネル

 現地時間11日にドルトムントのチームバスが爆発事件に巻き込まれ、乗っていたスペイン代表DFマルク・バルトラが負傷した。この結果、4週間の離脱を強いられることになったと13日に英メディア『BBC』が報じている。

【驚愕サッカー動画】ドルトムント香川、今見てもやっぱり凄かった!!

 バルトラは爆発によって右手首を骨折し、割れた窓ガラスが突き刺さったことによって手術も行った。同メディアによると、負傷した場所が足ではなかったものの、4週間の離脱が必要とのこと。4週間後にトレーニングに復帰する見通しのようだ。

 これにより、現地時間19日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのモナコ戦や現地時間26日のドイツ杯準決勝バイエルン・ミュンヘン戦などを欠場することになる。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)