ここから本文です

北朝鮮とイタリアサッカーの知られざるコネ。18歳FWがセリエA初得点、中田英寿発掘のスカウトも尽力

4/14(金) 11:30配信

フットボールチャンネル

イタリア・セリエAのカリアリに所属する18歳の北朝鮮人FWハン・グァンソンはデビュー2試合目にしてゴールを決めた。国内メディアもその活躍を大きく報じ、監督も才能を高く評価している。謎の多い北朝鮮のサッカー事情だが、現在はイタリアサッカー界と強いコネクションを持っているという。では、イタリアへのルートはどのようにして確立されたのだろうか。一方で、イタリア国内では北朝鮮人選手との「兵器製造に利用される恐れがある」との批判もある。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

本田は8得点で5位 セリエA日本人得点ランキング 1位は…

デビュー2戦目でゴールを決めた18歳の北朝鮮人FW、国内メディアも大きな注目

 9日に行われたカリアリvsトリノの一戦は、ちょっとした話題となった。セリエA初の北朝鮮人選手である18歳のFWハン・グァンソンが、デビュー2戦目にして初ゴールを決めたからだ。

 ハンは、1-3で迎えた後半36分に交代出場する。そしてアディショナルタイムに、ディエゴ・ファリアスのクロスを頭で合わせた。トリノの守備陣の間にうまくポジションを取り、フリーになってボールを呼び込みヘディングシュートを決める。相手のミスも絡んではいたが、ストライカーらしいゴールだった。

 かつてカターニアに所属していた森本貴幸(現川崎)がそうだったが、デビューして1、2戦目の若手選手がゴールを決めるとやはり国内の注目を大きく集める。

「ハンは歴史を作った。北朝鮮にとってセリエAで初ゴール」(ガゼッタ・デッロ・スポルト)「ハンは北朝鮮にゴールを決める。カリアリはトリノに敗れたが新人FWにお祭り」(コリエレ・デッロ・スポルト)と各紙で囲み記事ができた。『トゥットスポルト』は「練習で高い評価を得ての出場。現在はクラブの残留もほぼ決まり他に目標もない状態だから、継続して使われるのではないか」と報じた。

 他ならぬマッシモ・ラステッリ監督が、ハンの潜在能力を高く評価している。ハンは2月に入団テストを受け、3月10日にユース契約を行なったが、プリマベーラでのパフォーマンスが良かったためラステッリ監督はトップチームに引き上げていた。そしてデビュー2戦目でのゴール。「スピード豊かで、クオリティも素晴らしく非常に楽しみな存在。大きな将来性がある」と、じっくり育てる意向を示している。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)