ここから本文です

レアルが“アンリ二世”ムバッペ獲得に動く ドルト戦2得点、今注目を集める18歳FW

4/14(金) 19:05配信

Football ZONE web

今季公式戦34試合21得点と得点量産、フランス代表にも招集された逸材

 “銀河系軍団”レアル・マドリードはモナコで大ブレークを遂げているフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に動く決意を固めたようだ。現地時間12日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦の敵地ドルトムント戦(3-2)で2得点を決めたストライカーは、2018年にもレアル移籍を果たす可能性があるとスペイン紙「マルカ」が報じた。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

  “ティエリ・アンリ二世”の呼び声も高いムバッペは、今季公式戦34試合21得点と得点を量産中。18歳にしてフランス代表にも招集された今最も注目を集めている逸材の一人だ。

 CLグループステージでは3試合無得点だったが、決勝トーナメントに入ると覚醒。16強のマンチェスター・シティ戦ではホーム、アウェーともに1ゴールを決めた。そして、12日のドルトムント戦でCL3試合連続ゴールをマークし、先制点と決勝点を叩き出す圧巻の活躍。チームの勝利に大きく貢献したヒーローは、その実力を世界最高のビッグクラブに認められたようだ。

 注目の新星はやはり世界中のスターを集める“白い巨人”の標的ともなっていた。記事によれば、レアルは以前からムバッペに注目していたものの、より大きな重圧がかかるであろうマドリードでも同じようなパフォーマンスを披露できるか疑問を持っていたという。

代理人の父親もレアル移籍を希望

 しかし、CL決勝トーナメントという大舞台でも結果を残し、そうした不安も一掃されたようだ。代理人を務める選手の父親や弁護士もレアル移籍を希望しているという。来季は引き続きモナコでプレーし、2018年にスペイン移籍する可能性が指摘されている。

 ムバッペの移籍金は1億ユーロ(約120億円)とも言われている。世界中のビッグクラブが熱視線を送る注目株は、スターダムへの階段を猛スピードで駆け上がることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/14(金) 19:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新