ここから本文です

ペップ監督、ドルト爆破事件で負傷の教え子にエール 世界情勢改善を大国に要求「解決してほしい」

4/14(金) 20:09配信

Football ZONE web

緊迫するシリア情勢にも言及 「アメリカ大統領、ロシア大統領、そして…」

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのチームバスが爆発物に巻き込まれる事件は、欧州サッカーにも大きく影を落としている。マンチェスター・シティを率いるペップ・グアルディオラ監督は負傷したかつての教え子の容態を心配しつつ、緊迫するシリア情勢についても触れたとスペイン紙「マルカ」が伝えた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ドルトムントは現地時間11日に行われる予定だったUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝モナコ戦に向けた移動中、爆発物によってチームバスの窓ガラスが破壊された。DFマルク・バルトラが負傷し、事件翌日に行われたCLモナコとの第1戦では香川の1ゴール1アシストこそあったものの、本拠地で2-3と敗れた。

 この事件について各国のサッカー選手が憂いのコメントを発信しているが、サウサンプトンとの試合を控えた会見で、ペップ監督は現在の世界情勢について「今、世界で起こっていることは、少々恐ろしいことだと感じている」と、もう一歩踏み込んだ発言をした。

「そしてどんどん信じられないことがね……シリアで起こっていることもだ……。私としてはアメリカ大統領、ロシア大統領、そして中国の主席が手を取り合って、この問題を解決してほしい。我々はそれがいつ終わるともしれないだけにだ」

バルトラを心配「回復を願っている」

 善良な一般市民に対して化学兵器が使用されるなど、国内が混乱に陥っているシリア情勢について触れつつ、ドナルド・トランプ米大統領、ウラジミール・プーチン露大統領、中国の習近平国家主席ら大国トップの協力が必要だとした。

 かつてバルサの指揮官時代に指導したバルトラの容態についても気にしており、「私たちは恐怖のない世界で生き続けるべきだ。そしてマルク・バルトラが大いに回復することを願っている」とエールを送った。サッカー界が誇る賢人も、今回の事件について心を痛めているのは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/14(金) 20:09
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新