ここから本文です

ミラン、中国資本化後の初戦はチャイニーズ・ミラノダービー 本田と長友のパンキナーロ対決に

4/14(金) 21:15配信

Football ZONE web

13日にミランは株式売却手続きが完了、チャイナ・ミランとして新スタート

 日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは、現地時間13日にクラブ株式の売却手続きが完了し、正式に“チャイナ・ミラン”として新スタートを切ることになった。その初戦は奇しくも同じミラノを本拠地とする日本代表DF長友佑都が所属し、今季から中国資本化した“チャイナ・インテル”だが、伝統のミラノダービーで日本人両者はベンチスタートが見込まれている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は日本人両名をベンチスタートと予想。ホーム扱いのインテルは、右サイドバックにDFダニーロ・ダンブロージオ、左にはクリスティアン・アンサルディが入る4バックと予想された。長友は10試合連続のスタメン落ちが極めて濃厚になっている。

 インテルはここ3試合未勝利。2連敗中ということもあり、ダービーでの敗戦は来季ヨーロッパカップ戦出場権争いからの脱落とステファノ・ピオリ監督の去就問題に発展すると現地メディアでは報じられており、背水の陣の一戦になりそうだ。

 一方のミランは、前節に負傷明けで大活躍のFWスソ、エースのFWカルロス・バッカ、FWジェラール・デウロフェウの3トップは不動。2017年に入ってから一度もピッチに立っていない本田は、このダービーでもベンチと予想されている。

本田と長友に途中出場の機会訪れるか

 ミランは2節前に最下位ペスカーラに引き分けという失態を演じたが、前節パレルモ戦では4-0と大勝。こちらも来季のヨーロッパカップ戦への出場権を得るには勝利がほしい一戦だけに、今回はまさにサバイバルマッチと言えそうだ。

 ミランの中国資本化により、“チャイニーズ・ミラノダービー”となったこの一戦だが、日本人対決は今季の両者の苦しい立場そのままに“パンキナーロ(ベンチ要員)対決”となってしまいそうだ。2人に途中交代による出場機会は訪れるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/14(金) 21:15
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新