ここから本文です

香川の活躍を独複数メディアも絶賛!「最高峰の大会で周囲を魅了するパフォーマンス」

4/14(金) 12:20配信

フットボールチャンネル

 現地時間12日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグの試合が行われ、ドルトムントはホームでモナコと対戦し2-3で敗れた。この試合で先発出場した日本代表MF香川真司は1ゴール1アシストを記録した。この活躍を複数の独メディアが報じている。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

『ran』では「開始直後のオーバメヤンへのスルーパスはモナコDFに惜しくもカットされた。守備でも前線からのプレスで相手の攻撃を阻止していた。デンベレへのアシストは素晴らしかったし、ゴールの場面もボールタッチからシュートまでワールドクラスだった。この日の日本人はとても素晴らしい活躍をした」と香川のプレーを絶賛している。

 さらに『sportbuzzer.de』は、「世界最高峰の大会でこの日本人は周囲を魅了するパフォーマンスを見せた。前半(31分)のギンターからのパスはゴールを決めなければならなかった。その後はドルトムントのベストプレーヤー。1アシストに加え素晴らしいゴールを決め準決勝に望みをつないだ」とこちらも活躍を大きく伝えている。

 また『fussballtransfers.com』では評点が掲載されており、同メディアは28歳のゲームメーカーに対しチームトップの「2」を付けた。(ドイツの採点は「6」が最低で11段階に分かれており、数字が小さいほど評価が高い)

 なお記事では「開始5分のオーバメヤンへのスルーパスが通っていれば、また前半のシュートチャンスを決めていれば試合結果は変わっていたかもしれない。後半の香川は1ゴール1アシストとさらにパフォーマンスを上げた」と寸評を掲載している。

 2ndレグは19日にアウェイで行われる。ホームで敗れたドルトムントが準決勝に進出するためには、最低でも2得点以上を奪って勝利しなければならない。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)