ここから本文です

バロックがオタク向けアパレル? 事業公募のグランプリを発表

4/14(金) 18:46配信

WWD JAPAN.com

バロックがオタク向けアパレル? 事業公募のグランプリを発表

 バロックジャパンリミテッドは4月12日、新規事業公募コンテスト「ネクスト イズ ユー(NEXT IS YOU)」のビジネスプラン部門最終審査プレゼンテーションを行った。社内外からの応募者62組から一次審査に選ばれたファイナリスト8組が、独自のビジネスプランをプレゼンテーションし、最終審査を行った。今回はアパレルとアプリサービス、ウエディングの3つのビジネスプラン業種が競い、その結果、オタク向けアパレルブランドを提案したバロックジャパンの営業統括本部アウトレットグループマネージャーの丸谷広幸さんがグランプリを受賞した。

 自身もAKBグループなどのアイドルオタクだという丸谷さん。アニメやゲームのキャラクターを素材や仕様にこだわったTシャツにプリントして販売するという、ありそうでなかった商品や、それを売り出すための具体的なプラン、そして周囲を巻き込む熱のこもったプレゼンテーションが評価を得た。「渋谷や池袋でもアニメコンテンツの人気が高まっている。もっとアキバを越えて、バロックのウィメンズファッションのノウハウを生かしてアニメカルチャーを広めていきたい。アニオタの女の子を引き付けられるようなブランドを作りたい」と丸谷さん。審査中には、審査員の一人である椎木隆太DLE社長が、村井博之バロックジャパンリミテッド社長に「ウチと組みませんか?」とコメントをして会場が沸く場面も生まれた。今後は事業部を設け、ブランディングを進める。

 その他ファイナリストのビジネスプランは、アパレルプランから、ニットウエアブランド「モトヒロ タンジ(MOTOHIRO TANJI)」デザイナー、丹治元浩さんによる大喜利服、バロック社員の依田宏美さんによる次の日本を代表するコンセプトショップ「ニューオールド」、同2017年度新入社員の松本直大さんによる女子高生のための制服ブランド「アカツキ」、美容室を経営する一藁千裕さんによるママのためのアパレルショップ、慶應義塾大学学生の西村すみれさんによるイノベーティブ和服、アプリサービスから、同学学生でトリップボックス代表取締役の根本淳成さんによるインスタグラムの写真を用いた非言語グルメサービス「テイスタイム」、ウエディングから会社員の佐藤徳江さんによるウエディングスタイルブックがそれぞれ披露された。
「ネクスト イズ ユー」は、2015年に社員を対象に行った「スター発掘コンテスト」を発展させた新プロジェクトで、社内外からビジネスプランとファッションアイコンを募る。今回のビジネスプラン部門では、学生からベテランスタイリストやファッションデザイナーまでが応募したという。ファッションアイコン部門は、一次審査を終え、10人を選出した。5月頃に二次審査、10月頃にファイナリスト審査、11月頃にグランプリ発表を順次行う予定だ。

最終更新:4/14(金) 18:46
WWD JAPAN.com