ここから本文です

悪夢の夜を振り返る爆発被害のドルトDF「人生で最も長い15分間だった」

4/14(金) 21:56配信

フットボールチャンネル

 ボルシア・ドルトムントのDFマルク・バルトラが、自身のSNSで11日に起きた爆発事件を振り返った。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 現地時間11日、ドルトムントはチャンピオンズリーグを戦うためチームバスに乗っていたところ、付近で爆発が起きた。この影響でバルトラは右手首を骨折するなどして病院へ搬送され、手術を受けている。

 手術後に無事をアピールしていたバルトラは、自身のインスタグラムで事件のことに触れた。

「痛み、パニック、そして何が起きたのか分からない不安があった。あとどのくらいこの時間が続くのだろうか…、僕の人生で最も厳しく長い15分間だった」

「僕の望みはただ一つ。僕たちみんなが平和に暮らし、戦争が起きないことだ。手首は腫れているし、傷がある。それを見て僕が何を感じると思う? プライドだよ。彼らは僕たちを傷つけようとしたけど、これで止まったんだ」

 治療のあたった医師や周囲へのサポートに感謝を示したバルトラは1ヶ月程度戦列を離れることになる見通しだが、今シーズン中に復帰できるものとみられている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)