ここから本文です

【セルジオ越後】テロからどうやって身を守るかは、本当に難しい問題だ

4/14(金) 11:30配信

SOCCER DIGEST Web

セキュリティのさらなる強化は今後、必要だろうね。

 3月11日、ドルトムントで選手たちが乗るバスの近くで爆発が起こる事件があった。
 
 報道によればイスラム過激派のテロ行為と見られ、何人かが負傷したようだけど、死者が出なくて本当に良かった。
 
 今月初めにはロシアの地下鉄で列車が爆破されたし、昨年にはフランスで劇場が狙われて、大きな被害が出てしまった。人が多く集まったり、社会的に影響力のあるものがターゲットになっているようで、サッカーもその範疇に入っているのだろうね。
 
 もっとも、スタジアムなどの警備は厳しくなるとは思うけど、今回はそこまで警備が厳重ではない場所での爆発だった。セキュリティのさらなる強化は今後、必要になってくるかもしれないね。
 
 今回の事件で、ヨーロッパの不安定な社会情勢が改めて浮き彫りになった感がある。欧米諸国ほどではないにせよ、それなりに管理されている日本でも、テロに対しては警戒しなければいけないし、対岸の火事ではいられない。
 
 もちろん、ヨーロッパでこうした事件が起こったからといって、すぐに日本のスポーツ界も抜本的なテロ対策の見直しをするというわけではないだろう。ただし、日本のスポーツ界ではサッカーより野球のほうが集客力があるから、より警戒心を強めるべきは野球界かもしれないね。

一つひとつに対策を講じていたら、膨大な予算がかかるよ。

 テロ行為からどうやって身を守るか。例えば、ワールドカップのような大きな大会では、相当な労力で安全対策が実施されるはず。でも、すべてに対して同じことはできないよね。一つひとつに対策を講じていたら、膨大な予算がかかってしまう。
 
 選手の宿泊先のホテルにしても、必ず貸し切りになるわけではない。いろんな人間が出入りするわけだから、ある意味、危険と隣り合わせとも言える。
 
 今回は香川の所属クラブだったことで、日本では大きく報じられたけど、スポーツ界以外でも、類似の事件は他にもたくさんある。テロに巻き込まれないよう気を付けて行動するにしても限界があるし、本当に難しい問題だよ。
 
 大変な目に遭ったドルトムントは翌日、延期されていたチャンピオンズリーグの準々決勝ファーストレグでモナコと対戦。香川の1得点・1アシストの活躍もあったけど、惜しくも2-3で敗れた。ホームでの痛い敗戦となっただけに、アウェーでのセカンドレグに期待したいね。
 

最終更新:4/14(金) 11:30
SOCCER DIGEST Web