ここから本文です

「ゲッツェに謝罪すべき」クロップが代謝障害判明の愛弟子に対する批判に反論

4/14(金) 18:42配信

SOCCER DIGEST Web

クロップは愛弟子への批判に対して…。

 ドルトムントに所属するマリオ・ゲッツェは、2月末に代謝障害を患っていることが分かり、来シーズンまで戦列を離れることになった。かつての恩師であり、現在はリバプールを指揮するユルゲン・クロップは、ゲッツェを批判していた人間は謝罪すべきだと述べている。
 
 ドルトムント・ユース出身のゲッツェはクロップ監督の下で、2009年11月にトップチームデビューを果たすと、2010-11シーズンには主力を担うまでに急成長し、ブンデスリーガ制覇に貢献した。
 
 2013年の夏に宿敵であるバイエルンに移籍し、ドルトムント・サポーターの怒りを買い、「裏切り者」と罵られたが、それから3年。バイエルンでもリーグ3連覇やクラブ・ワールドカップ制覇など数々のタイトルを獲得したゲッツェは、ケガの影響もあり出場機会を失っていたことから、昨夏に古巣への復帰を決意した。
 
 背信行為への怒りが冷めないサポーターに、「自らのプレーで疑問や批判を吹き飛ばしたい」と意気込んでいたゲッツェだが、前半戦はリーグ戦10試合に出場して1得点。公式戦でフル出場したのは、わずか6試合にとどまった。
 
 コンディション不良を指摘され、2014年のワールドカップ優勝を決めた決勝点がキャリアのピークとも揶揄されたゲッツェだが、現地時間1月29日のマインツ戦(18節)を最後に筋肉の負傷で戦列を離れていた2月末になり、代謝障害を患っていたことが発覚する。
 
 そして3月中旬には、残り試合を全休し、来シーズン中の復帰を目指すことが発表された。つまり病気で万全の状態でなかったことが判明したのだ。
 
 これを受け、クロップは4月12日、ドイツ・メディアの『スカイ』で、「この健康問題はここ数年、彼が抱えていた問題に対しての非常に論理的な説明だ。見つかって本当に良かった」と、愛弟子が不調の原因を突き止めたことに安堵した。
 
 そして熱血漢のクロップは、「多くの人たちが彼に謝ることを願っている。私は100%、彼のことを信じていたよ」と、教え子であるゲッツェの復調を信じ、さらに批判していたファンやメディアに苦言を呈した。
 
 クロップが指揮するリバプールは、かねてからゲッツェ獲得を狙っていると噂されている。ゲッツェの本格復帰が見込まれる今夏に再会が実現するかどうかは分からないが、指揮官が愛弟子を今でも高く評価していることは確かなようだ。

最終更新:4/14(金) 23:24
SOCCER DIGEST Web