ここから本文です

ぬる湯とムアツ布団で最高の眠りを 那須塩原「板室温泉大黒屋」 CREA 2017年5月号

4/14(金) 12:01配信

CREA WEB

 “理想の眠り”をすぐ手に入れたいならば、最近増えている眠りにこだわった宿へ。どんな寝具を使っている? 枕の種類は? 眠りや旅のプロたちのおすすめの宿をお伺いしました。

 第4回は快眠セラピストの三橋美穂さん推薦の眠り宿をご紹介。

◆ 板室温泉大黒屋[栃木・那須塩原]
快眠にはまさにぴったりの湯温!

 那須高原の山あいにある静かな温泉地の“保養とアートの宿”。全室南向きで、チェックインは早めの13時から。

 あらかじめ寝具が用意してあるので、のんびりウトウトするのに最適だ。18時頃から夕食をすませ、ひと休みしてから入浴し、体温が徐々に下がる時間帯(1時間後くらい)に眠りにつけば、質のよい眠りが期待できる。

「快眠にはぬるめの湯に15~20分入浴するのがいいのですが、ここの温泉はちょうどいい湯温。西川のムアツ布団も寝心地がいいです」(三橋さん)

板室温泉大黒屋
所在地 栃木県那須塩原市板室856
電話番号 0287-69-0226
チェックイン/アウト IN 13:00/OUT 10:30
料金 19,000円~(1泊2食付/税・サ別)
客室数 31室
枕の種類 2種類
アクセス JR東北新幹線那須塩原駅より車で約30分
http://www.itamuro-daikokuya.com/
※WiFiあり、リラクゼーション施設あり、浴衣あり、カード利用可(VISA・MASTER・JCB・AMEX・DINERS)

●Recommender
三橋美穂(みはし みほ)さん
快眠セラピスト。眠りのスペシャリストとして各メディアで活躍。爽やかなミントの香りで目覚めすっきり。

大嶋律子(Giraffe)

最終更新:4/19(水) 12:46
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年10月号
9月7日発売

定価780円(税込)

触れて、感じて、ほっとする
リラックスするための美容。

「おこもり宿」でリラックス
BTS(防弾少年団) スペシャル インタビュー

ほか