ここから本文です

【きょうの気分はどっち?】スナップえんどうの豚巻き天ぷらVSアスパラの肉巻きフライ

4/15(土) 11:30配信

東京ウォーカー

きょうの気分は揚げもの!という日、ありませんか。そして、天ぷらとフライ、どちらにしようか迷うことも。天ぷらのころもは、小麦粉と水だけでOK。一方、フライはパン粉と卵も必要です。でも、その分、ボリュームはアップ!

【画像】ほかにも「揚げ物」レシピをチェック(記事下にレシピへのリンクあり)

今回紹介する2つのレシピは、どちらも今がおいしい野菜を豚肉で巻いて揚げるもの。サクサク食感を楽しむ天ぷらにするか、ボリュームがっつりのフライにするか。どちらもお弁当おかずにもぴったりですよ。



■ さくさく、シャクシャクの食感が◎!「スナップえんどうの豚巻き天ぷら」

<材料・2人分>豚ロースしゃぶしゃぶ用肉100g、スナップえんどう100g、ころも(小麦粉・水各大さじ3)、酒、しょうゆ、サラダ油

<作り方>

1.バットに豚肉を広げ入れ、酒、しょうゆ各小さじ1をからめて約10分おく。スナップえんどうは筋を除く。

2.豚肉1枚の汁けをペーパータオルで拭いてから縦長に広げる。スナップえんどう1個を手前にのせて、肉を少しずつずらしながら巻きつける。同様にあと9本作る。

3.フライパンに1cm深さの油を中温(約170℃)に熱する。ボウルにころもの材料を混ぜ、2をくぐらせてフライパンに入れる。途中、上下を返して3~4分、カラリとするまで揚げ焼きにし、油をきって器に盛る。好みでベビーリーフを添えても。

(1人分311Kcal、塩分0.3g、調理時間20分)



■ とろ~りチーズとアスパラが好相性「アスパラの肉巻きフライ」

<材料・2人分>豚薄切り肉100g、グリーンアスパラガス4本、スライスチーズ4枚、ころも(溶き卵・小麦粉・パン粉各適宜)、塩、こしょう、揚げ油

<作り方>

1.アスパラガスの根元はかたいので、1cmくらい切り落とす。また切り口から約5cmのところが筋っぽいので、皮むき器でむく。茎についている“はかま”を取ると、口当たりがよくなる。フライパンで長いまま塩を加えた熱湯でゆでる。緑色が鮮やかになるまでゆで、氷水にとって、水をきり、長さを半分にする。

2.豚肉1枚を広げ、塩、こしょう各少々をふる。チーズ1枚に、半分に切ったアスパラガス2本を巻いてから、豚肉1枚を端からくるくると巻きつける。同様にして、もう3個作る。

3.小麦粉、溶き卵、パン粉の順にころもをつけ、中温(約170℃)に熱した揚げ油できつね色になるまで揚げる。器に盛り、好みでケチャップ適宜を添える。

(1人分495Kcal、塩分1.4g、調理時間15分)



あなたは今晩、どっちのレシピを選びますか?



【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:4/15(土) 11:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。