ここから本文です

京の信長 新本能寺と信長書店

4/15(土) 12:00配信

BEST TIMES

岐阜在中の歴史作家・鈴木輝一郎がゆるりとめぐる、戦国武将の史跡。
つい見落としてしまいがちな渋い史跡の数々を自らの足で訪ね、
一つ一つねぶるように味わい倒すルポルタージュ・ブログシリーズ! 

新旧本能寺

 京都の信長の史跡取材で、旧本能寺から新本能寺へ。場所は、京都府京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町。
 本能寺は法華宗本門流れの本山だそうです。
 岐阜に住んでいると、けっこう小刻みに岐阜城の発掘調査のレポートが報じられる。近年の歴史研究によると、織田信長は無神論者ではなく、「禅宗とみるのが妥当ではないか」だそうだ。

 戦国時代は、いわゆる菩提寺制度がありませんでした。そのせいもあって、戦国武将の行動哲学には、宗教がかなり深くかかわっているらしい。ここいらの信長の考え方は、今後もチェックが必要かなあ。

 本能寺の変で焼失したあと、本能寺は現在地に移転しました。これは旧本能寺跡と違い、わりと簡単にたどりつけます。

 取材に行ったときは展示室などは定休日でした。まあ、こんなぬるい取材もたまにはありかな? 

 帰り道に「信長書店」という本屋さんの京都四条河原町店があったので、とりあえず寄ってみました。ほら、戦国の取材にきて京都で「信長書店」となったら、やはり見学は欠かせないでしょう。
 四階建てのかなり大規模な書店です。店の外側からみると、書籍・コミックのほかアニメ、DVDやコスプレなどが楽しめるらしい。ほら、先日、岡崎城で甲冑のコスプレしたばかりだし。

 で、さっそく入ってみました。
 ──アダルトメインの書店でした……
 コスプレが……お……おう……

文/鈴木 輝一郎

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。