ここから本文です

オープンラッシュのサラダ専門店。フードライターおすすめの都内4店とは?

4/15(土) 12:03配信

OurAge

「サラダは食文化の豊かさのバロメーターのひとつではないかと思うのです」と語るのは、フードライター&エディター、ラジオコメンテーターである大滝美恵子さん。

ウェブサイトで連載している料理研究家のコラムなどでも、おいしそうなサラダのレシピがずらり。某レシピサイトで「サラダ」と検索したら、ヒットしたその数はなんと17万超えだったとか。

「野菜が生で食べられるようになったのも畑の環境整備が発展したからですし、ボイルした野菜や野菜以外の食材が使われ、市販のものを含めてドレッシングのバリエーションがこんなに増えたのも、食生活が豊かになった証ですね」

いま、東京はサラダ専門店がオープンラッシュだ。

「健康な食生活を求める人が増え、海外からのブーム流入もあって、いま、いたるところにサラダ専門店がオープンしています。専門店というだけあって、明らかにこれまでと違うのは、サラダを主食として捉えているところ。1000円前後の価格帯で、ボリュームたっぷり、1品でお腹いっぱいになるんです。
定番メニューのバリエーションには店の個性が表れているし、好きなようにカスタマイズできたり、食べやすくしたチョップ(切り刻む)スタイルの店も」

エリアごとにオススメのショップを紹介してくれた。

●恵比寿「GREEN BROTHERS(グリーンブラザーズ)」
ニューヨークのライフスタイルを意識したおしゃれな店。切り方にもこだわった葉物やころんと丸く切り抜いたアボカドなど、工夫が光る。

●自由が丘「KOE GREEN(コエグリーン)」
オーガニック野菜を中心としたオリジナルサラダが12種類。イートイン用の素敵な木の器も食欲をそそる。ポタージュをサイドディッシュに。

●西新宿「Salad Deli MARGO (サラダ デリ マルゴ)」
「高タンパク&低糖質サラダ」や「ビタミン&ミネラルリッチサラダ」など、はっきりとした目的を持って選べる機能性サラダがオススメ。

●神保町「MORE SALAD(モアサラダ)」
完全カスタマイズできるサラダ。レギュラーサイズでも330gのボリュームなので、テイクアウトして晩のおかず1品にしても。

最終更新:4/15(土) 12:03
OurAge