ここから本文です

【派遣女子・更新なし】ベストセラー作家を目指して上京。派遣先ではプライドが高くて孤立

4/15(土) 13:00配信

Suits-woman.jp

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている小橋真紀さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。真紀さんは伸ばしっぱなしのような黒髪をひとつにまとめ、GUで買ったと言うワイドボーダーのカットソーの上から、ロングカーディガンをあわせていました。ボトムは薄手のスキニーデニムを履き、ノーブランドのスニーカーを履いていました。大き目のキャンバス素材のトートバッグには、無造作にペンケースやちらし、本が突っ込まれていました。

100円SHOPで購入したと言うリングノートには、図書館で借りた本の読書日記や、気になる言葉をメモしていました。

「小説家になりたいんですよ」

年に複数回ある文学賞に応募するため、平日は仕事を定時に退社した後は、ずっと家に籠ってパソコンに向かっていると言います。

「自分が目指しているのは純文学ではなくて、ちょっとエンターテイメント寄りのなんですよ。映画化されたり、テレビドラマになるような」

“落選通知が来ると悔しい”と言う真紀さん。そんな彼女に、どうして派遣で働いているのか聞いてみました。

真紀さんは、広島県の都市部で育ちました。

「7歳年が離れた弟と、10歳下の妹がいるんですよ。うち、母親が再婚で、弟妹は連れ子なんです。父は理学療法士っていうのをやってて、母は保育所とかで料理を作ったりする調理師で。実の父は亡くなってるから、記憶がないのですが、本当の父は教師だったみたいですね」

父親が異なる弟妹との暮らしが、息苦しかったと言います。

「どうしても、父が違う弟妹がいるのでいつも遠慮していましたね。下に2人もいるので、私立は無理だと思い、小学校も中学校も地元の公立に通って、高校も県立に進学しました。大学も考えたのですが、2年で済むように歯科助手の専門に通いました」

大学よりも資格が取れる専門を勧められたと言います。

「パソコンとかOA事務とかの専門もあったのですが、地元に残るなら医療系がいいって親が言ってきて。義理の父と同じ療法士は嫌だったので、歯科助手を選びました」

専門学校に求人できていた歯科医院に就職します。

「地元に数店舗ある歯科医院に、助手として就職したんですよ。2年ぐらい勤めましたね。マスク姿で顔が見えないのが良かったのか、たまにお年寄りから“息子と会ってみない?”って、お見合いも勧められましたよ」

1/2ページ

最終更新:4/15(土) 13:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。