ここから本文です

17歳平野美宇、完全アウェーでリオ金撃破 国際連盟サイト「中国全土に衝撃」

4/15(土) 12:00配信

THE ANSWER

17歳誕生日、世界女王・丁寧から衝撃の大金星「考え得る最大の番狂わせ」

 卓球のアジア選手権(中国・無錫)は14日、準々決勝で世界ランク11位の平野美宇(エリートアカデミー)がリオデジャネイロ五輪金メダルで世界ランク1位の丁寧(中国)を3-2の逆転で破り、4強進出。17歳の誕生日に、世界女王から衝撃の大金星を挙げ、国際卓球連盟(ITTF)の公式サイトは「ハリケーン・ヒラノ」と評し、驚きをもって伝えている。

【画像】リオ五輪に出場した日本人美人アスリート

「ハリケーン・ヒラノ、オリンピック&世界チャンピオンの丁寧を破る」との見出しで報じた記事では、世界NO1の丁寧を破った史上最年少の日本女王について「17歳となった彼女にとってこれ以上はない誕生日プレゼントとなっただろう。ヒラノはアジア選手権で考え得る最も大きな番狂わせを演じ、ローラーコースターのような5ゲームの接戦の末、丁寧を破った」と伝えている。

 試合は平野が2セット先取される劣勢。相手の地元・中国で完全アウェーの中、試合は決したかに思えた。

「近年では屈指の中国人選手である丁寧は、2ゲームを先行していたが、最年少ワールドカップチャンピオンのヒラノは諦めなかった。常に最後の瞬間まで戦うための用意をしてきた彼女だが、この日は特別な一日であった。この日が誕生日の彼女は、まさに幸運を呼び込んだ」

 記事はこのように、平野の諦めない姿勢を称賛している。

「中国全土に衝撃」…平野は優勝に意欲「金メダルを目指したい」

 そして、日本の17歳は驚異の粘りで3セットを奪い、逆転勝ちを呼び込んだ。

「最終ゲームは、選手よりも観客が息をのむ展開となった。10-8から丁寧は再び10-10と粘ったが、ついに平野は12-10で勝利し、中国全土に衝撃を与えた」と伝えており、卓球の本場で与えたインパクトは大きかったようだ。

「17歳は自信を深め、これまでで最大の障壁を越えた今、間違いなく金メダルを視野に入れていることだろう」と述べた記事では、試合後の平野のコメントを紹介している。

「今日は自分にとって、とても思い出深い誕生日になりました。当初のゴールは丁寧選手とのこの一戦に勝つことでしたが、それは達成できました。金メダルを目指したいです」

 優勝に向けて意気込んだという平野。世界王者を破った自信を胸にアジアの頂点をつかみ取る。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:4/15(土) 16:07
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。