ここから本文です

ドルト対モナコ戦で“誤審疑惑”の主審が告白 バス爆破事件後の一戦で湧き上がった想いとは

4/15(土) 12:30配信

Football ZONE web

伊メディアがミラノダービー主審に決まったオルサート氏を直撃

 史上初の“ランチタイム開催”となる日本代表DF長友佑都が所属するインテルと、日本代表FW本田圭佑が所属するミランによるミラノダービーは、ミランの中国資本売却完了後の一戦としても注目を集めているが、主審がダニエレ・オルサート氏に決まった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 オルサート氏は、ミッドウィークにはUEFAチャンピオンズリーグで日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとモナコの一戦で主審を担当。モナコのゴールがオフサイドであったのではないかと誤審騒動も起こった。そのオルサート氏は、本来なら試合が予定されていた日に起こったドルトムントのチームバス爆破事件について語っている。イタリアメディア「ITASportPress」に語った。

「このような特別な経験は初めてのことだ。ロッカールームで予定のウォームアップを終えて、ピッチに出ていこうとしている時だった。ドルトムントのバスへの襲撃が起こって試合がなくなると伝えられたんだ。だが、その後のサポーターたちは素晴らしかった。両チームがまるで兄弟のように連帯感を示し、モナコのサポーターで宿泊を確保していない人々へ向け、ドルトムントのサポーターは家に泊まるように勧めたと聞く。そして、次の夜には何事もなかったかのように試合が行われたんだよ」

 審判団は選手たちより先にスタジアムに到着し、試合への準備を進めていたところだったという。しかし、そこでドルトムントのバスが襲撃される悲劇が起こった。しかし、オルサート氏は驚きとともに、サッカーファン同士の連帯感に大きな感銘を受けたという。そして、イタリア国内で起こった悲劇も思い起こさせたと語った。

「あの時もスタジアムで悲劇を聞いた」

「ナポリとフィオレンティーナのイタリア杯決勝を思い出さざるを得ない。あの時もスタジアムで悲劇を聞いたんだ」

 2014年5月3日のイタリア杯決勝前に、ナポリサポーターが銃撃されて死亡するという事件が起こった時の担当もオルサート氏だった。痛ましい事件の記憶を引っ張り出されてしまったという。

 オルサート氏はダービーの主審担当に向け、「未来の話をできる方が嬉しいね」としてインタビューを締めくくった。サッカー界を震撼させた爆破事件の当事者たちは、誰もが恐怖や悲しみを味わう1日になっていたようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/15(土) 12:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新