ここから本文です

ふたりの恋は描かれる? 同性愛者のダンブルドア役にジュード・ロウ!

4/15(土) 21:10配信

MEN’S+

昨年2016年公開された映画『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。そのシリーズ続編で、ダンブルドア役を
英国人俳優ジュード・ロウが演じることが報道されました。

 全世界で800億円もの興収を記録した映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、『ハリー・ポッター』シリーズの劇中に登場した教科書“幻の動物とその生息地”の著者であるニュート・スキャマンダー氏を主人公にした、全5部作のシリーズで展開されます。

 2016年に公開された1作目は、英国人俳優エディ・レッドメインが主人公を演じました。その第2作目に登場する、(若かりし頃の)ダンブルドア役をジュード・ロウが務めると、アメリカの情報サイト「Slate」は伝えています。

 脚本を担当しているJ.K.ローリング氏は、ダンブルドアが同性愛者であることを以前から伝えており、この1作目でジョニー・デップが演じたゲラート・グリンデルバルドに“恋をしていた”と公言しています。

 若きダンブルドアは、(ジョニー・デップ演じる)ゲラート・グリンデルバルドの魅力と魔法のスキルに魅了されて恋に落ちたとされています。さらに、そう、さらに…、ふたりは3度ベッドをともにしているという設定になっているのです。

 果たして宿敵となる前の、若かりし親友ふたりの恋模様は、どのように描かれているのでしょう、非常に注目です。アメリカでは、2018年11月(米国時間)公開予定とのこと。

MEN’S+

最終更新:4/15(土) 21:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!