ここから本文です

「オレの名前で遊ぶな」 アルゼンチン代表監督を巡り報道加熱、セビージャのサンパオリ監督激怒

4/15(土) 15:30配信

Football ZONE web

サンパオリ監督、アルゼンチン協会に監督就任「イエス」報道を完全否定

 エドガルド・バウザ監督を解任したアルゼンチン代表の後任候補として身辺が騒がしくなっているセビージャのホルヘ・サンパオリ監督が「オレの名前で遊ぶな」と過熱する報道に怒りを語っている。スペイン紙「エル・コメルシオ」が報じた。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 アルゼンチンサッカー協会のクラウディオ・タピア会長は、サンパオリ氏が後任候補であると認め、首都ブエノスアイレスから飛行機に搭乗する際に「スペインに行ってサンパオリと話す」と明言したことが報じられた。しかし、2018年6月30日まで契約を結んでいるセビージャはこれに猛反発。非難の声明を発し、タピア氏を事実上の“出入り禁止”にする対立関係が生まれている。

 その板挟みの関係になったサンパオリ監督は、すでにアルゼンチン協会に「イエス」の返事をしたという報道を完全否定。怒りを露わにしている。

「もしすでにイエスの返事をしていたなら、今はアルゼンチン代表の監督になっているだろう。だが、物事はそのように運んでいない。それが真実だ。オレの名前で遊ぶなと言いたい。迷惑だよ。そういう報道が真実だったなら、経歴書にはすでにバルセロナ、パリ・サンジェルマン、オランダ代表、アーセナルの監督と書き記されている。今はバレンシア戦に勝利してサポーターを喜ばせることしか考えていないんだ」

現在はセビージャでの戦いに集中

 サンパオリ氏は合意報道を否定し、噂に対してメディアへの怒りをぶつけた。そして、現在のセビージャでの戦いに集中していると語っている。

 アルゼンチン代表の迷走する監督人事により、とばっちりを受ける形になったセビージャとサンパオリ監督だが、現在のリーグ順位は4位。勝ち点1差の3位アトレチコ・マドリードとの争いや、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権の4位以内確保に向け、集中して戦うことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/15(土) 15:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新