ここから本文です

【J1展望】FC東京×浦和|難敵・浦和をどう攻略する? FC東京が避けるべき展開は…

4/15(土) 11:00配信

SOCCER DIGEST Web

FC東京──オープンな打ち合いになると厳しい。

J1リーグ7節
FC東京-浦和レッズ
4月16日(日)/14:00/味の素スタジアム
 
FC東京
J1(6節終了時):5位 勝点10 3勝1分2敗 10得点・8失点
 
【最新チーム事情】
●前節はアウェーで札幌に惜敗。
●3月の代表合宿で右足親指を骨折した髙萩がランニングを開始。
●大久保とP・ウタカがコンディション不良。
 
【担当記者の視点】
 4節に鳥栖と引き分け、続く5節には格下と目された札幌に1‐2と惜敗。ここにきて停滞感が漂い始めており、仮にホームで浦和に敗れるようだとショックは大きい。昨季はリーグ戦とルヴァンカップの全4試合で全敗の相手に、FC東京はどう立ち向かうのか。基本は守備から入る戦い方だろう。大久保とP・ウタカがコンディション不良という状況を考えても、そうやってリズムを作り、一発を狙うしかない。浦和の土俵──オープンな打ち合いになると、現状では苦戦を余儀なくされそうだ。

【PHOTO】FC東京×鳥栖の美女サポーターたち♡

浦和―菊池大介にリーグ初先発の可能性が浮上。

J1リーグ7節
FC東京-浦和レッズ
4月16日(日)/14:00/味の素スタジアム
 
FC東京
J1(6節終了時):2位 勝点13  4勝1分1敗 20得点・7失点
 
【最新チーム事情】
●関根、駒井のコンディション次第で、菊池が右ウイングバックで先発。
●遠藤は大久保との1対1を警戒。
●古巣対決の李は「1分あればスタジアムを沸かせる」と宣言。
 
【担当記者の視点】
 チームの骨格が固まるなか、高木は完全復帰、梅崎もほぼ全体練習に合流した。先発が読めないのは右ウイングバック。駒井が上海戦で右足を痛めて別メニュー調整を続け、関根も仙台戦で右わき腹の強打から復帰したばかり。両者のコンディションによっては、菊池の先発起用もあり得る。
 
 守備面では遠藤が「大久保選手の一旦フリーになってから入り込んでくる嗅覚に気を付けたい」と話す。また、ユース時代からプレーしていた古巣との対決になる李は「1分あればスタジアムを沸かせますよ」と宣言していた。

最終更新:4/15(土) 13:21
SOCCER DIGEST Web