ここから本文です

【J1展望】甲府×新潟|痛恨のエース離脱! 手負いの甲府は未勝利の新潟をどう迎え撃つ?

4/15(土) 10:00配信

SOCCER DIGEST Web

甲府――ウイルソン欠場の穴をどう埋めるか。

J1リーグ 7節
ヴァンフォーレ甲府 – アルビレックス新潟
4月16日(日)/13:00/中銀スタ
 
ヴォンフォーレ甲府
今季成績(6節終了時):12位 勝点8 2勝2分2敗 6得点・7失点
 
【最新チーム事情】
●前節川崎戦後にウイルソンが右足ハムストリングを負傷。欠場の見込み。
●ウイルソンの代役は川崎戦で先制点を挙げた河本か。
●ルヴァンカップでも森、熊谷が負傷交代するなど、チーム全体として怪我人が増加傾向。
●ルヴァンカップ・C大阪戦(△0-0)で堀米を中盤起用。及第点の出来を見せた。
 
【担当記者の視点】
 2連勝で迎えた前節の川崎戦では、途中出場・河本のアディショナルタイム弾で先制したものの、2分後に追いつかれドロー決着。それでも、強豪を相手に展開した攻守のメリハリが効いたサッカーは、チーム状態の良さを窺わせた。
 
 しかし川崎戦後、エースのウイルソンにアクシデント。右足ハムストリングを痛め、今節は欠場する模様だ。代役には、攻守のバランスなど総合的に捉えればドゥドゥより河本が適役か。守備能力を備え、吉田監督からの評価も高い。
 
 12日のルヴァンカップ・C大阪戦では森や熊谷といった若手にも故障が発生し、全体的に怪我人が増加傾向となっている。吉田監督は堀米を中盤起用するアイデアなども見せているが、チームとしての総合力でエースらの穴を埋めていきたい。

新潟――調子を上げる堀米にチャンス到来か?

J1リーグ 7節
ヴァンフォーレ甲府 – アルビレックス新潟
4月16日(日)/13:00/中銀スタ

アルビレックス新潟
今季成績(6節終了時点):17位 勝点2 0勝2分4敗 5得点・12失点
 
【最新チーム事情】
●コンバートを含めた選手起用の変化も結果につながらず、前節は鳥栖に0-3で完敗。
●ルヴァンカップ広島戦では左サイドバックの堀米が好パフォーマンス。
 
【担当記者の視点】
ルヴァンカップを含め未勝利が続く。前節・鳥栖戦ではベテランDF富澤が2節・神戸戦以来のフル出場を果たし、ボランチの原を左サイドバックにコンバートしてテコ入れを図った。しかし結果にはつながらず、0-3で完敗した。
 
左サイドを再構築する上で、水曜のルヴァンカップ広島戦で堀米が好パフォーマンスを見せたことは好材料になり得る。攻撃のスイッチを入れるタイミングを計りながらのパスワーク、勇気を持った仕掛けで起点としての存在感を発揮した。
 
堀米は、リーグ戦ではベンチ入りも果たしていないが、十分出場に値するプレーをルヴァンカップ2試合では見せている。チャンスが来た時に流れを変える働きができるか。

最終更新:4/15(土) 10:00
SOCCER DIGEST Web