ここから本文です

【春ドラマの顔】「小さな巨人」実力派俳優が集まる超濃厚な注目作

4/16(日) 6:00配信

ザテレビジョン

警察内部の戦いを描くドラマ「小さな巨人」(TBS系)で、長谷川博己&岡田将生が“捜査一課長”というポストを狙う刑事を演じる。

【写真を見る】シブい長谷川博己に“天然”の疑惑も!?

長谷川「警察組織というのは完全な縦社会で、実は激しい出世争いもあるそうです。台本にはそうした知られざる警察内部の人間模様が面白く、そして見応え十分に描かれていて、刑事ドラマにとどまらない普遍的な人間ドラマになると思います」

 主演の長谷川が演じる香坂は、多くの事件を解決してきた敏腕刑事。しかしたった一度のミスで出世街道から外れてしまう。そんな香坂を尻目に、一足飛びに捜査一課長へと上り詰めようと野心をむき出しにするのが、岡田が演じる山田だ。

岡田「ある人物の『敵は味方のフリをする』というセリフがあるんですが、山田はどちらとも取れないグレーな立ち位置。小さな失敗で脱落した香坂さんを見下しつつ、だけど左遷された現場で奮闘する姿が気になって仕方がない。裏と表の顔が分かりにくい人物だけに、とにかく演技で常に長谷川さんに牙をむくような心構えでいたいですね」

 そんな2人のライバル関係に、ずらりそろった実力派俳優たちも絡み合い、濃厚な男たちのドラマが展開。

長谷川「皆さん、現場ではその役にしか見えないですね。現・捜査一課長を演じる香川照之さんも、場の空気を一気に支配してしまうかのようなものすごい求心力で」

岡田「あのじわじわと追い詰めてくるような芝居ですよね。僕は2人きりのシーンも多いので、あの空気をじかで味わえることに怖さもある一方で、ワクワクもしていて」

長谷川「警察署長役の春風亭昇太さんも、普段の優しいイメージもあるけれど、目の奥にすごみがあってただ者ならぬ空気を放っている」

岡田「とにかく現場はものすごい緊迫感で、ドッと疲れます(苦笑)」

長谷川「実際、元刑事さんがおっしゃっていたんですが、現役時代はものすごいストレスだったそうです。何より犯人とずっと対峙していると、相手の心理にのみ込まれそうになると。それって芝居を突き詰めるうちに役から抜け出せなくなる、役者の仕事にもどこか似ている。だからこそ、抜くところは抜かないとね」

 かつて共演した際にも、よく食事にも行っていたという2人。

岡田「緊張感ある作品なので、よけいに一緒にやれるのがありがたいです。なかなか人には言えない深い話も、長谷川さんにはできるので」

長谷川「えっ、そんな深い話なんてしたっけ? いつもくだらない話しかしてなかったような」

岡田「しましたよ!(笑) でも、この気楽さもいいんですよね」

最終更新:4/16(日) 6:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)