ここから本文です

レスター、2点リードから勝利逃す…。岡崎は出場せず

4/16(日) 0:56配信

フットボールチャンネル

【クリスタル・パレス 2-2 レスター・シティ プレミアリーグ第33節】

 現地時間15日に行われたプレミアリーグ第33節でレスター・シティは敵地でクリスタル・パレスと対戦し、2-2で引き分けた。FW岡崎慎司はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 リーグ戦前節はメンバーを温存してエバートンに敗れ、ミッドウィークはチャンピオンズリーグでアトレティコ・マドリーに屈したレスター。翌週には再びアトレティコ・マドリーとの試合が控えており、今節も岡崎はベンチスタートとなる。

 それでもレスターは良いスタートを切った。6分、左サイドからのロングスローにフートがヘディングで合わせてリードを奪う。

 後半に入って52分には鮮やかなカウンターでヴァーディーがゴールネットを揺らし、2点差とした。

 しかし、残留争い中のパレスはその2分後にカバイェのゴールで1点を返すと、70分にはベンテケの力強いヘディングシュートが決まって2-2となる。

 その後はお互いにゴールが生まれず、2-2で試合終了。レスターは公式戦3試合白星なしとなった。

【得点者】
6分 0-1 フート(レスター・シティ)
52分 0-2 ヴァーディー(レスター・シティ)
54分 1-2 カバイェ(クリスタル・パレス)
70分 2-2 ベンテケ(クリスタル・パレス)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)