ここから本文です

細野さんが静岡知事に転身なら、一皮むけるかモナ --- 新田 哲史

4/16(日) 16:17配信

アゴラ

PV狙いあからさまとはいえ(苦笑)、細野さんの古傷に塩を塗るようなタイトル付けをしてしまって恐縮です。が、中身は至ってマジメに書いたつもりなのでご容赦いただければ幸いです(汗)

代表代行辞任 静岡知事選との関連が取りざた

ここ1か月、宅配危機やら野球やら、ほかの話を書いていたので、なにげに政治ネタを書くのは1か月ぶり。例年、「新党誕生の季節」となる12月にも分裂しなかった民進党はここにきて地殻変動が起き始めた。長島氏が今週初め正式に離党し、そして一昨日(4月13日)は細野氏が代表代行を辞任した。ちょうど、お二人ともアゴラでブログを掲載している。

“長島昭久「独立宣言」―真の保守をめざして(長島氏エントリー)(http://agora-web.jp/archives/2025455.html)”

“代表代行辞任の理由(細野氏エントリー)(http://agora-web.jp/archives/2025526-2.html)”

そして、細野氏の去就をめぐっては、3月から静岡県知事転出構想が報じられている。前回までの選挙で、民進党が支援してきた現職の川勝平太知事といえば、3選を目指して出馬するかを明言しておらず、しかも「投票率が5割を切ったら辞職する」などと物議をかもす発言も飛び出したばかり。やる気があるのか、ないのか現職知事が「炎上芸」を見せている中で、細野氏の代表代行辞任だ。知事選との関連が憶測を呼ぶのは当然だった。

ご本人は辞任会見直後に出演したフジテレビのネット番組で、三浦瑠麗氏のインタビュー(https://www.houdoukyoku.jp/posts/10329)に対し出馬を否定。側近議員の間でも「知事選には出ないだろう」という見方が支配的だと聞く。

知事転身が「悪くない」と思うワケ

しかし、個人的には、川勝氏が今後出馬せず、細野氏が転身するのは悪いことではないと思う。今回の辞任に対する批判で最も多いのが「自分で蓮舫氏を代表に担ぎ上げておきながら、途中で放り投げて無責任」というものだ。

それは確かに私もそう思うが、一度国会から退き、知事に転身するのであれば、ある種の「リセット」効果をもたらすことができる(当然知事選で勝たなければ意味がないが)。

そのリセットも10年前ならネガティブな色合いが強かった。いわば、国会議員から知事、政令市長への転身は「都落ち」扱いだった。ところが、大阪維新の会が誕生したのを機に一変する。知事や政令市の市長が地域政党を率いて国政政党にローカルレベルで互角以上の存在になり、中央政局に一定の影響を与えるような新しい事例も出てきた。東京でも、自民党で安倍首相や執行部に冷遇された小池氏が都知事選に打って出て、自民党の候補に大勝。夏の都議選では、「小池新党」の第1党躍進が有力視されている(もっとも、小池氏の劇場型都政運営は人気は高いものの、政局的な色が強く、豊洲市場問題の混乱が目立っているが…)。

とはいえ、細野氏も、自民一強時代の野党にいる限りは、どう頑張っても閣僚経験を積み、行政手腕をアピールするチャンスは絶望的にない。去年、都知事選の候補者で二重国籍問題が発覚する前の蓮舫氏の名前が上がった際、筆者は、都政に転出することは「悪くない」と提起(http://agora-web.jp/archives/2019845.html)したが(今思えば実現しなくてよかった、、、苦笑)、その時も述べたように、民進党の政治家たちが国民の信頼を取り戻せないのは、政権担当能力への疑義を払拭できないからだ。

しかし、蓮舫氏の都政転身説のときにも指摘したように「国政のひな形」として県政マネジメントで成果を残すことができれば、国政復帰と、政権を狙える野党への再建を任せられるリーダーとして「待望論」が出てくる可能性はある。知事として実績を積んで議会への求心力を増せば、近年の大阪や愛知にみられるように「地域政党」的な独自の政治勢力を築いて、国政復帰・野党再編の足場にする選択肢も出てこよう。

もちろん細野氏も民主党政権時代の閣僚だった。「3・11」当時は総理補佐官で、大臣ほどの重責ではないものの、やはり民主党政権の結果責任は背負っており、厳しい目は注がれ続ける。知事に転身できたとしても、菅政権が「3・11」対応で地元に残したアノ問題に向き合わなければならない。浜岡原発の再稼動である。

1/2ページ

最終更新:4/16(日) 16:17
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

Yahoo!ニュースからのお知らせ