ここから本文です

大人のおもちゃを最も使っているヨーロッパの国は?

4/16(日) 22:10配信

MEN’S+

とても気になるランキング

愛するパートナーのために、大人の”おもちゃ”を使用する人は意外にも(?)多いようです。そんななか、ヨーロッパのどの国が1番使用しているのかについて、英国人エディターが注目してみました。

米国人が選ぶ最も“見応えのある”愛の映画 5選

These Are The European Countries Who Use The Most Sex Toys

 今回の記事の取材者が英国人ということもありますが…。 
 
 英国人が他の国と比べて、どのくらい大人のおもちゃに熱狂的か? もし、それが知りたいのなら、イギリスの情報サイト「バウチャークラウド」の最近の調査を観るといいでしょう。
 
 結果はご覧のとおり。インターネットの検索数が最も多い点から言えば、大人のおもちゃに最も関心をもっているのはデンマークです! 「バウチャークラウド」は、“コックリング”、“ディルド(人工ペニス)”、“バイブレーター”など、人気のある単語18個を検索して、国ごとに検索頻度の差を表にしています。 
 
 しかし、この調査は検索をかけただけであって、“巨大な紫色のディルド”をわざわざお店に買いに行ったかどうかまでは追跡できていません…。が、火のない所に煙は立たないと言いますからね。ひとつの指標となることは明らかと言えます。

 デンマークは、年間1000人のインターネットユーザーにつき、118件の検索があり、1位に。スカンジナビアの仲間であるスウェーデンが、1000人につき115件で2位になりました。そして、お待たせしました。3位がイギリスの96件だったのです。「イギリス人も負けてないじゃないか!」と、担当記者に心の呟きが聞こえませんか? 
 
 最下位は年間1000人につき、わずか10件の南コーカサスに位置する共和制国家アゼルバイジャンでした。ブービー賞は15件のアルバニア(東ヨーロッパのバルカン半島南西部に位置)と、アンドラ(ピレネー山中にあり、フランスとスペインに挟まれた国家)でした。
 
 週末を大いに楽しみたいときは、当分の間、アゼルバイジャン旅行は避けたほうが良さそうですね(笑)。

MEN’S+/ESQUIRE UK

最終更新:4/16(日) 22:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!