ここから本文です

柴崎岳、途中出場で逆転弾の起点に。だが勝利にはつながらず…

4/16(日) 2:55配信

フットボールチャンネル

 現地時間15日にスペイン2部第34節が行われ、テネリフェはジローナをホームに迎えて3-3で引き分けた。MF柴崎岳は70分から途中出場し、得点に関与している。

5位本田、4位原博実、1位は…日本代表歴代得点ランキングトップ5

 柴崎を2試合連続でベンチスタートとしたテネリフェは、ホームで2位のジローナに苦戦。45分までに2点をリードされる厳しい展開となる。

 それでも前半アディショナルタイムに1点を返すと、60分には同点ゴールが決まり、テネリフェは巻き返していった。

 追い上げ体勢のテネリフェは、70分に柴崎を起用。左サイドに投入した。すると76分、柴崎のパスからチャンスが生まれる。柴崎からパスを受けた味方のシュートは一度GKに阻まれたものの、こぼれ球をディエディウが押し込んでついに逆転に成功した。

 だが、その4分後に再び同点弾を決められてしまい、テネリフェは逆転勝利ならず。2試合連続ドローとなっている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)