ここから本文です

メッシはバルサの「リーダー」 地元紙が連敗止める2得点1アシストの輝きを称賛

4/16(日) 10:44配信

Football ZONE web

前半で3ゴールに絡んだエース、ソシエダとの打ち合いを制す

 バルセロナは現地時間15日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節レアル・ソシエダ戦に臨み、3-2と打ち合いを制した。この日輝いたのは2ゴール1アシストを挙げたFWメッシで、現地紙からは「リーダー」だと称えられている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 バルサは前節マラガ戦(0-2)で退場処分を受けたFWネイマールが3試合出場停止となり、ミッドウィークに行われたユベントスとのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦も0-3と完敗を喫した。リーガ3連覇に向けてこれ以上負けが許されない一戦で輝いたのは、やはりエースのナンバー10だった。

 前半17分にFWルイス・スアレスの左からのパスを受けたメッシは、ペナルティーエリア外から思い切り良く左足を振り抜くと、強烈なグラウンダーシュートがゴール右隅に突き刺さり、バルサに先制ゴールをもたらした。さらに同37分にはL・スアレスのシュートのこぼれ球を、ゴール正面に走り込んでいたメッシが難しい体勢ながら押し込み2点目。その後ソシエダに1点を返されたものの、同44分にはゴール正面のペナルティーエリアやや外で背を向けた状況でボールを受けると、冷静に左サイドへスルーパスを送り、ネイマールの代役FWパコ・アルカセルのゴールネットをお膳立てした。

 バルサは前半に2失点を喫するなど、盤石の戦いぶりではなかったものの、公式戦2連敗中の悪い流れを断ち切った。その原動力となったメッシは、地元バルセロナのメディアから高い評価を得ている。

「労を惜しまず走った」と献身性への評価も

「ムンド・デポルティーボ」紙は「メッシ、リーダー。フットボールはまたしても集団で戦うスポーツであることを指し示す日となった。いまだメッシは世界最高の選手であることを見せた」と個人能力、連動性の両方を評価した。

 またスポルト紙の採点ではチーム最高点となる「9点」とともに「決定的な働きだった。前半だけで2ゴールと1アシスト。それ以降の攻撃は継続こそしなかったが、労を惜しまず走った」と献身性も評価している。

 バルサはリーガでは1試合消化の少ないレアルに対して勝ち点差3の2位、そしてCLでもユーベ相手に3点ビハインドからの大逆転を狙わなければならない苦境にある。その状況でチームが頼るのは、やはりメッシなのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/16(日) 10:44
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新