ここから本文です

韓国代表FW、”20世紀アジア最優秀選手”に並ぶ19得点。新記録樹立なるか?

4/16(日) 14:00配信

フットボールチャンネル

 現地時間15日にプレミアリーグ第33節の試合が行われ、トッテナムはボーンマスと対戦し4-0の勝利をおさめた。この試合でトッテナムに所属する24歳の韓国代表FWソン・フンミンが1ゴールを決める活躍を見せ、4試合連続ゴールを記録している。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 今回の得点によりソン・フンミンは今季公式戦19得点を記録。英メディア『ESPN FC』によると、これは、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)に”20世紀アジア最優秀選手”として表彰された元韓国代表のチャ・ボムグン氏の記録に並ぶという。

 同氏はレバークーゼンに在籍していた1985/1986シーズンに公式戦19得点を記録していた。つまり、ソン・フンミンがあと1点記録すれば、韓国人選手として”欧州リーグで挙げた1年間の最多記録”を更新することになる。このままの活躍が続けば、韓国サッカー界の歴史に残る選手となりそうだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)