ここから本文です

小笠原満男&曽ヶ端準がJ1通算500試合出場。鹿島の功労者2人が“同時達成“

4/16(日) 19:02配信

フットボールチャンネル

 鹿島アントラーズに所属するGK曽ヶ端準とMF小笠原満男の2人は、ともにJ1での通算500試合出場を達成した。

2017年J1在籍選手、通算得点トップ10。1位と2位は同一クラブのFWがランクイン

 曽ヶ端と小笠原は、16日に行われている明治安田生命J1リーグ第7節のベガルタ仙台戦に先発で出場。両選手にとってこれが500試合目となった。

 曽ヶ端と小笠原は、ともに1998年に鹿島に加入した同期生。曽ヶ端は鹿島一筋でプレーし、クラブ史上最長の在籍期間を更新し続けている。今季が在籍20シーズン目となった。

 小笠原は2006/07シーズンにイタリア・セリエAのメッシーナでプレーしたが、キャリアのそれ以外の時期は全て鹿島で過ごしてきた。鹿島はこれまでにJクラブ最多の主要タイトル“19冠“を獲得しているが、小笠原と曽ヶ端はそのうち16のタイトル獲得に貢献している。

 J1で通算500試合出場を達成した選手は、小笠原と曽ヶ端を合わせて通算8人となる。出場数の1位は名古屋グランパスの元日本代表GK楢崎正剛で631試合。そのほか、遠藤保仁、中澤佑二、伊東輝悦、阿部勇樹、山田暢久が500試合以上に出場している。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)