ここから本文です

【浦和】R・シルバが華麗なスルーパスで先制弾を演出。「正直、ここまでとは…」と興梠も脱帽

4/16(日) 20:40配信

SOCCER DIGEST Web

最高のタイミングで最高のスルーパスを出した。

[J1・7節]FC東京0-1浦和/4月16日/味スタ
 
 立ち上がりからFC東京に押し込まれ、リズムを掴めなかった浦和に流れをもたらすきっかけが14分の先制点だった。
 
 そのカウンターの起点となったのが、1トップのラファエル・シルバだ。遠藤、柏木とつないだボールをセンターサークル付近で受けると、ドリブルを開始。そして最高のタイミングで最高のスルーパスを出して、興梠のゴールを演出した。殊勲者のひとり、R・シルバは先制点のシーンを次のように振り返る。
 
「綺麗なパスを出せました。そのパスが勝利につながったことを嬉しく思います」
 
 綺麗──。確かにR・シルバのドリブルから興梠が決めるまでの一連の流れは無駄がなく、文字通り美しかった。R・シルバに言わせれば、「自分の能力を引き出してくれている」のは興梠だという。
 
「(興梠は)非常にクレバーな選手、動き出しが素晴らしくて、ポテンシャルを持っているから、一緒にプレーしやすい。彼が僕の持ち味を引き出してくれる」
 
 一方で興梠もR・シルバのパスセンスを認めている。
 
「ラファ(ラファエル・シルバ)が前を向いた時には走り出そうと思っている。今回も、ラファから良いボールが来たので、あとはGKのタイミングをずらすだけだった。ラファはパスセンスがあって、必ず良いボールが来る。正直、ここまで上手い選手だとは思わなかった」
 
 FC東京戦の決勝点は、R・シルバと興梠が互いの特長を把握しているからこそ生まれたビューティフルゴールだった。
 

【FC東京 0-1 浦和 PHOTO】興梠の決勝弾で浦和が勝利

最終更新:4/16(日) 20:41
SOCCER DIGEST Web