ここから本文です

【横浜】自ら奪った1点を守り切る。殊勲の中澤佑二だが「勝っただけ」と手厳しい一言

4/16(日) 23:23配信

SOCCER DIGEST Web

試合後は「ラッキーでした」と柔らかい笑顔を見せるだけ。

[J1リーグ7節]広島0-1横浜/4月16日/Eスタ
 
 開始早々、天野のFKに完璧に合わせてみせた。
 
「良いボールが来たんで。純がしっかりと見ていてくれた。(自身の後ろにいた)金井もフリーだったらしくて、たまたま僕が決めただけ」
 
 得意のヘッドではなく、右足のボレーでのシュート。「最近はけっこう足のほうが多い。まあ、頭で取れればいいですけど。次は頭で」と、ヘディングでのゴールに意欲を見せる。
 
 中澤佑二の今季初得点が、勝利を呼び込む決勝点になったが、本職の守備でも魅せた。終始、押し込まれる展開のなか、背番号22は最後まで身体を張ったディフェンスで広島の猛攻を撥ね返した。
 
 伝統の堅守を見せつける勝点3だった。もっとも、中澤は反省を口にする。
 
「前半から耐えた。ポストに当てられているし、ペナルティエリアのちょっと外あたりから何回も打たれている。シュートまで持っていかれているのが良くない」
 
 攻撃面での課題も挙げる。
 
「強いチームは1-0で勝つ。ただ、しっかりとカウンターを狙える時は狙うよっていうところがある。何回か良い形で抜け出してはいるけど、シュートまで行けていない。(アディショナルタイムに)学がアシストしかけたプレーもあったように、ああいう形をもっと出せれば、相手も前掛かりにはなれないと思う。カウンターで相手を下がらせたい」
 
 攻守両面で問題点を指摘した中澤は、試合を総評して「勝っただけ」と手厳しい。自ら奪った1点を守り切ってみせる。誰もが認める勝利の殊勲者は、その活躍についても「ラッキーでした」と一切慢心せず、柔らかい笑顔を見せるだけだった。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】横浜を彩る美女チアリーディングチーム『トリコロールマーメイズ』!

最終更新:4/16(日) 23:23
SOCCER DIGEST Web