ここから本文です

5冠の16歳・池江璃花子に世界も注目「若きスプリントスター」

4/17(月) 18:06配信

THE ANSWER

米専門誌も池江の躍進をレポート

 競泳の日本選手権で5冠を達成した池江璃花子(ルネサンス亀戸)。50メートル、100メートルバタフライ、50メートル、100メートル、200メートル自由形を制し、女子では大会史上初の5冠となった。そのすべてで派遣標準記録も突破。16歳の活躍をアメリカの競泳専門誌「ワールド・スイミング・マガジン」電子版も「若きスプリントスター」として取り上げている。

【画像】リオ五輪に出場した日本人美人アスリート

 同誌は今大会のトピックを紹介。その中で池江の躍進に触れ、「若きスプリントスターのリカコ・イケエは50メートル自由形で24秒57のトップタイムをマーク。このタイムで彼女は難なく世界水泳出場への資格を得た。その後、まもなくイケエは水上へと戻り、100メートルバタフライを57秒39で圧倒し、別のゴールドメダルを手に入れた」とレポートした。

 世界選手権は7月にハンガリー・ブダペストで開催。複数の種目で強さを見せる16歳に世界も注目している。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:4/17(月) 18:06
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。