ここから本文です

ユナイテッドに敗れタイトルレース混戦模様 首位チェルシー監督「リーグ優勝の可能性は50%」

4/17(月) 9:58配信

Football ZONE web

ユナイテッドに0-2で敗戦 2位トットナムとの勝ち点差は4に

 チェルシーは現地時間16日に行われたプレミアリーグ第33節でマンチェスター・ユナイテッドに0-2で敗れた。今季好調で首位を独走していたが、後ろを振り返れば2位トットナムとの勝点差は「4」に縮まっている。これを受け、指揮官のアントニオ・コンテ監督は「リーグ優勝の可能性は50%だ」とコメントしている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 両者は現地時間3月13日に行われたFA杯準々決勝でも対戦。この時はMFエンゴロ・カンテのミドルシュートが決勝点となり、チェルシーが1-0で勝利を収めていた。しかし、敵地に乗り込んで行われた一戦ではFWマーカス・ラッシュフォードとMFアンデル・エレーラのゴールでリードを奪われ、攻撃陣も沈黙。1月4日のトットナム戦(0-2)以来、約3カ月ぶりの完封負けを喫した。

「我々は2敗した。この試合は全く異なるものだ。(クリスタル・)パレス戦は負けに値しなかった。今日は負けるべくして負けた。あと6つのファイナルが残っている。リーグはオープンだ。我々のリーグ優勝の可能性は50%だ」

 コンテ監督は試合後、リーグ優勝は混戦模様だと語った。「プレッシャーはいつも通り」と平常心を保つ闘将は「我々は一緒になって戦い、タイトル獲得するためにまっすぐな願望と情熱を素早く見つける必要がある」と語った。

 就任1年目でのリーグ制覇に向けて、コンテ監督は油断を見せずに気持ちを引き締めていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/17(月) 9:58
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新