ここから本文です

英紙「フットボールの奇妙な負傷」16人を特集 「週10回の情事」「卵爆発で火傷」など奇想天外

4/17(月) 21:12配信

Football ZONE web

ユナイテッドGKクルトワが16日の試合欠場 プロモーション撮影のバスケで足負傷

 サッカーにおいて、ピッチ上での激しい接触プレーや過密日程による疲労で故障も付きものだが、よもや想像も付かないことが原因で怪我する選手も中には存在する。英紙「テレグラフ」は「フットボールの奇妙な負傷」と特集記事を公開している。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 記事では全16人の例が紹介されている。特集のきっかけになったのは16日のマンチェスター・ユナイテッド戦を欠場したチェルシーの正GKティボー・クルトワ。ベルギー代表の巨人は足首を負傷していたようだが、その理由はプロモーション映像撮影でバスケットボールのシュートをした際に痛めたというもの。サッカー選手としてはあるまじき失態となった。

 かつてミランの背番号「10」を背負ったMFケヴィン・プリンス・ボアテングはミラン時代に大腿部の負傷に苦しんでいたが、チームドクターも明確な原因を説明できないでいた。しかし同選手のパートナー、メリッサ・サッタさんは「彼がいつも怪我するのは私たちが週に7回から10回もセックスをするから」と2人の情事について暴露し、それが負傷を引き起こしていると主張した。

 バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングはマンチェスター・シティ時代に飛行機内のドリンクを運ぶカートに激突して膝を負傷し、デビュー戦が延期になった。インテルの元アルゼンチン代表MFエベル・バネガはバレンシア時代の2012年に自分の所有する車に足を挟まれ、骨折している。

試合中に乱入した牧羊犬に衝突され…

 元イングランド代表の名選手たちはテレビ観戦中に負傷。スリー・ライオンズの主将も務めたDFリオ・ファーディナンドはリーズ時代、自宅でコーヒーテーブルに足を乗せながら数時間に渡ってテレビ鑑賞をしていたため膝の腱を負傷。リバプールなどでプレーしたGKデイビッド・ジェームズはテレビのリモコンを取ろうとして背中をひねった際に負傷したほか、趣味の釣りで巨大な鯉を引き上げる際に肩を痛めたこともある。

 バレンシアなどで活躍した元スペイン代表GKサンティアゴ・カニサレスは滞在していたホテルの風呂場でアフターシェービングローションの入った瓶を誤って落下させてしまい、その破片を踏んで足を負傷。2002年日韓ワールドカップの欠場を余儀なくされた。チェルシーでも活躍した元イングランド代表GKデイブ・ビーザントがサラダドレッシングの瓶を足に落下させて足を負傷するというこれに似たケースもある。

 GKの不幸なエピソードはまだまだある。エバートンでプレーしていたイングランド人GKリチャード・ライトは、試合のウォーミングアップの際、ゴールマウスの中に「練習しないでください」という旨が書かれたの標示板が立てられていたにもかかわらず、それを無視したところ、ジャンプの着地時にその標示板を踏みつけて足首を負傷した。また同選手は遠征のための荷造り中にスーツケースが肩に落下して負傷した経験もあるという。

 1960年代から70年代までマンチェスター・ユナイテッドで活躍したGKアレックス・ステップニーはDFへの指示で叫んだ際に顎を脱臼するハプニングに見舞われた。元ブレントフォードGKチック・ブロディーは試合中ピッチに乱入した牧羊犬に衝突されて膝を負傷。この負傷が原因で現役を引退した。

1/2ページ

最終更新:4/17(月) 21:12
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新