ここから本文です

ホテル最上階に白砂ビーチが出現! 「星野リゾート リゾナーレ熱海」

4/17(月) 12:01配信

CREA WEB

星野リゾート リゾナーレ熱海(後篇)

 日本の地方の魅力を掘り起こし、プロデュースすることで日本の観光に一石を投じてきた星野リゾート。その各施設を訪れ、地方らしい遊び方、旅の仕方を再発見していこうというシリーズが「日本を遊ぼう!」。「星野リゾート リゾナーレ熱海」の後篇では、最上階にある白砂のビーチ「ソラノビーチBooks & Café」の驚きの空間、そして特色ある昼と夜の過ごし方などをご紹介します。

読書もドリンクも楽しめる天空のビーチ

 伊豆七島をイメージしたアクティビティラウンジ、海につながるかのようなインフィニティな半露天風呂、樹齢300年のクスノキが立つ森の空中基地など、驚きの空間をいくつも擁する「星野リゾート リゾナーレ熱海」だが、なかでも最も驚かされるのは、ホテル最上階に白砂のビーチが広がる「ソラノビーチBooks & Café」だ。

 入り口で、靴を脱いで中に入ると、まさにビーチを歩く気分。眺めのよい窓際にはごろんと横になれるカバナや白い籐のチェアが並ぶ。

 約600種類の本が揃い、気に入ったなら購入することもできる。カフェで季節のスムージーやカクテルといった飲み物やアイスクリームなどを頼んでゆっくりと時間を過ごすこともできる。12歳以上の大人専用スペースが設けられているが、21時以降は「ソラノビーチBooks & Café」全体が大人のみ使用可能となって、より静かで落ち着いた空間になる。

 空間デザインを手がけたのは、建築家ユニット「クライン ダイサム アーキテクツ」で、スタイリッシュなアーバンビーチをイメージしたという。

 デコレーションやプログラムは季節ごとにテーマを変え、2017年の5月31日(水)までは“海の中のお花見”をテーマに、浜辺に打ち上げられた色とりどりの海藻を使った“海藻おしば”が空間を彩る。6月1日(木)からは、“真夏の先取り”をテーマに「海の家」をオープン予定。ぐっと夏を感じる雰囲気になるそう。

朝食ビュッフェでパフォーマンスを堪能

 夜、ホテルにいながらにしてビーチの雰囲気をゆっくりと楽しんだら、朝は海の幸、山の幸を取り入れて60種類以上のお料理が並ぶ体験型ビュッフェレストラン「もぐもぐ」で。

 こちらの特色のひとつは、目の前でお料理を仕上げるパフォーマンスキッチン。そしてもうひとつが、夕食時に子供たちがシェフコートに着替えてデザートの盛りつけのできる体験型キッチンを設けていること。

 朝のパフォーマンスキッチンでは、熱海で朝早い漁師が食べる朝ラーメンにちなんだ海の幸たっぷりの“海鮮朝ラーメン”に、静岡名産のお茶を使った“ぐり茶トースト”が人気。

 そのほかにも、目の前でジュースをミキサーで作ってくれたり、オムレツをシェフが焼いてくれたり。どれを食べようか迷うほどの品数に、朝からついつい食べ過ぎてしまいそう。「もぐもぐ」は朝食と夕食を提供しており、週末のみ昼メニューもある。

1/2ページ

最終更新:4/17(月) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年10月号
9月7日発売

定価780円(税込)

触れて、感じて、ほっとする
リラックスするための美容。

「おこもり宿」でリラックス
BTS(防弾少年団) スペシャル インタビュー

ほか