ここから本文です

<リンちゃん殺害事件>「会長が犯人では?」保護者からの質問に容疑者が放った言い訳

週刊女性PRIME 4/18(火) 18:00配信

 殺人事件の犯人逮捕には「まさかあの人が……」という衝撃がつきものだが、今回の逮捕劇では、「まさか」を通り越した別次元の衝撃が日本中を襲った。

【この記事のすべての写真を見る】

 3月24日、終業式に出席するため家を出た直後に行方不明になった、千葉県松戸市のベトナム国籍の小3の女の子、レェ・ティ・ニャット・リンちゃん。

 遺体やランドセルなどの発見現場から、捜査本部は、土地勘のある者の犯行と見ていた。事件発生から約20日経過した4月14日午前、千葉県警は、千葉県松戸市に住む、自称不動産賃貸業、渋谷恭正容疑者(46)を、死体遺棄容疑で逮捕した。

 渋谷容疑者とリンちゃんの自宅との距離は、約500mと近い。さらに衝撃的だったことは、渋谷容疑者は小学校の保護者会の会長を務め、リンちゃんの通学路の見守り活動も続けていたことだ。

 通学を見守る顔見知りの容疑者に声をかけられれば、誰だって危険とは思わない。加えて容疑者には、リンちゃんと同じ学校に通う2人の子どももいる。15日現在、渋谷容疑者は黙秘しているが、容疑者の犯行とするなら、安心するリンちゃんをまんまとだまし、連れ去ることは容易だ。

 松戸市教育委員会は、

「学校を支える地域住民と保護者が作る“二小会”の会長で、PTAとは違うものです」

 と渋谷容疑者の立場を説明する。

 40代の女性保護者は、渋谷容疑者との会話を思い出し、

「ご自身で話していましたが、高校のとき生徒会長をやっていたそうなんです。出しゃばりというと言い方が悪いですが、役をやるのが好きだったようですね。立候補者がいなくて、渋谷さんが立候補して昨年度から会長になりました」

 と話し、さらに、

「会長の任期は1年なんですけど、やりたい人も少ないし任期を3年にしようと、本人が会則の変更を提案してきました。反対多数で変更にはなりませんでしたが、今年もやり手がいなくて結局、渋谷さんがやっていたんです……」

 リンちゃんの遺体が発見された後も、渋谷容疑者は、防犯パトロールを行ったり、二小会の会長としてほかの保護者と接するなど、何食わぬ顔で平静を装っていた。

 リンちゃんのお別れ会は、家族がインフルエンザになったことを理由に欠席したが、今月5日には渋谷容疑者の名前で、リンちゃんの遺族の渡航費用の寄付を願う文書が配布された。11日に行われた小学校の入学式には来賓として参列し、祝辞を述べ地域の見回り活動も続けていた。防犯対策について新たな提案をし、予算を集めることも検討していたという。

1/3ページ

最終更新:4/19(水) 17:24

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」5月30日号
/ 毎週火曜日発売

特別定価390円(税込)