ここから本文です

故ダイアナ元妃の記念庭園がケンジントン宮殿で一般公開

4/18(火) 12:54配信

ハーパーズ バザー・オンライン

故ダイアナ元妃の没後20年にあたる2017年。彼女が15年以上暮らしたケンジントン宮殿では、元妃のスタイルにフォーカスした展覧会「ダイアナ:彼女のファッションストーリー」が開催されている。そのケンジントン宮殿がこの4月、新たに故ダイアナ元妃を称えた記念庭園「ホワイトガーデン」を一般公開。元妃の人生やスタイルをイメージしたこの庭園では“エルヴィスドレス”と称されるキャサリン・ウォーカーのドレスを彷彿させるような風景が広がるという。

【写真】ダイアナ妃とキャサリン妃、世紀のロイヤルアイコン ファッション対決!

庭園のヘッドガーデナー、ショーン・ハーキンさんは、英『イブニングスタンダード』紙のインタビューに対し「故ダイアナ元妃は生前、この庭園を訪れてはガーデナーたちに感謝の気持ちを伝えてくださいました。現在はもう退職したガーデナーたちは今でも当時を振り返り、さまざまな思い出話を語ってくれます。新たな花を見つけては嬉しそうに庭園を眺める元妃の姿がよく目撃されていたそうですよ」と語った。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年9月号
2017年7月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。