ここから本文です

乳製品抜きダイエットに警告! 骨粗しょう症のリスクがあるから要注意

4/18(火) 16:11配信

ハーパーズ バザー・オンライン

菜食生活に移行したビヨンセはじめ、多くのセレブたちが実践しているという「乳製品抜きダイエット」。20キロのダイエットに成功したクロエ・カーダシアンも、乳製品を完全に断ったところ、1ヶ月半で約5キロの減量に成功したと明かしたことでさらに注目度急上昇。ところが専門家によると、このダイエット方法には潜在的な危険が伴うというから、始めようとしたあなた、ちょっと待って!

過度なダイエットが原因

コーンウォール公爵夫人カミラが会長を務める「英国骨粗鬆症協会(NOS)」が2000人を対象に行った調査によると、特に25歳以下の女性は要注意。ダイエットで不足がちな栄養素をきちんと補っていない傾向にあるため、将来、骨粗鬆症を発症するリスクが高いとBBCは報じた。

「NOS」のクリニカルアドバイザー、スーザン・ランハム=ニュー教授はBBCの取材に対し「骨密度は体の成長と共に増加し、20歳頃に最大骨量のピークに達します。そのため、10代に過度なダイエットを行ってしまうと、骨形成に必要な栄養が不足し骨密度が低くなってしまいます」と警告する。

50歳以上の女性の半数以上が骨粗しょう症

50歳以上の女性の半数以上、また男性でも5人に1人は発症しているという骨粗しょう症。腰や手首、背中の痛みを伴うことも多く、加齢によって発症率が高くなる病気だけど、若い世代でも安心できないというから要注意。

乳製品の代わりにナッツやシリアルを

それに対して、「英国栄養協会」のスポークスパーソンは「乳製品を完全に断ち切ることで、必ずしも栄養が偏るとは言えません。その分の栄養素をきちんと補えばいいのです。乳製品に多く含まれているのは、骨の形成を促す働きがあるカルシウム。乳製品を控えている人は、パンやシリアル、小魚、ナッツ、シード、緑黄色野菜、大豆製品などの食品からカルシウムを摂るようにすればいいのです」とアドバイス。

つまり乳製品をカットするならカルシウムの補給を忘れずに!という結論。とくに20代は、今日から実践して!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年10月号
2017年8月19日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。