ここから本文です

酒井宏樹「やっぱり寿司か侍なんだね(笑)」。仏サポによる日本語横断幕に感動

4/18(火) 12:28配信

フットボールチャンネル

 昨年6月にハノーファーからリーグアンのマルセイユに移籍した日本代表DF酒井宏樹。現地時間16日に行われたサンテティエンヌ戦でもスタメン出場を果たし4-0勝利に貢献した。この試合で、マルセイユファンが日本語横断幕を掲げていたようだ。18日に仏メディア『laprovence』が報じている。

海外組、出場率トップ5! 欧州5大リーグで最も試合に出場している日本人選手は?

 マルセイユに加入して以降、ほとんどの試合でフル出場を果たし、この日はチーム3点目となるフロリアン・タウヴィンの得点をアシストした。同メディアによると、すっかりマルセイユファンの心を掴んでいるようで、フランス人のファンが「SAKAI 我々の侍」という横断幕を掲げていたとのこと。

 これに対して酒井は自身のツイッターで「4-0で直接対決勝利。たくさんのサポーターがスタジアムに来てくれて最高の雰囲気でした!」と、語ると共に「#サポーターが段幕つくってくれました #やっぱり寿司か侍なんだね笑 #3点目はアシストってことで」といったタグをつけて喜びを表した。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)