ここから本文です

岡崎慎司は先発? アトレティコをホームに迎えるレスター、“36%”の可能性に挑戦【今夜のCL】

4/18(火) 13:00配信

フットボールチャンネル

 現地時間18日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグのレスター・シティ対アトレティコ・マドリーが行われる。ファーストレグはアトレティコが勝利したが、勝負の行方はまだ分からない。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 アトレティコはホームで戦ったファーストレグで先勝した。しかし、1-0というスコアは勝ち上がりを確信するには不十分だ。レスターにも十分にチャンスはあるだろう。

 レスターはDFロベルト・フートが出場停止だが、ファーストレグを腰の痛みで欠場していたDFウェズ・モーガンが前日練習をチームメートとこなしており、先発に戻る可能性がありそうだ。UEFA公式サイトではモーガンの先発入りが予想されているほか、FW岡崎慎司もスターティングメンバーに名を連ねるものとみられている。

 それでもアトレティコが有利という見方が一般的だ。過去3シーズンで2度ベスト8を突破しているスペインの強豪は、CL初出場のレスターとは築いてきた歴史が違う。

 ただ、ディエゴ・シメオネ監督は敵地でのゲームが厳しくなると予感しており、「カルデロン(アトレティコの本拠地)での我々は強いが、レスターも自分たちのスタジアムで強いのは同じこと」と語っている。実際、レスターはホームで戦ったCLは全勝中で、アトレティコは油断しないことが重要になりそうだ。

 UEFA公式サイトのデータによると、過去にファーストレグでホームチームが1-0の勝利を収めたパターンはUEFA主催のクラブの大会で991の前例がある。ホームチームが突破したのは40.7%にあたる403回で、アウェイチームが逃げ切ったのは588回(59.3%)だ。

 データをCLに限定すると、ホームチームがファーストレグを1-0で勝ったのは過去39回。そのうち64%にあたる25回でセカンドレグをアウェイで戦うチームが勝ち抜けた。レスターは36%の可能性に挑戦することになる。

 レスターのミラクルストーリーはまだ続くのか。それともアトレティコが格の違いを見せつけるのか。注目の一戦は今夜27時45分(19日3時45分)キックオフだ。

◆突破条件
レスター・シティ:2点差勝利
アトレティコ・マドリー:勝利、引き分け、1得点以上の1点差敗戦
※1-0でレスターがリードして90分を終えた場合は延長戦

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)