ここから本文です

チェルシー退団の36歳テリーは現役続行を希望。移籍先はどこに?

4/18(火) 21:05配信

フットボールチャンネル

 チェルシーに所属する元イングランド代表DFジョン・テリーは今シーズン限りでクラブを退団することが発表されたが、現役を続行することを希望している。英メディアでは、来季以降の去就についての見通しも報じられている。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 チェルシーは現地時間の17日に、テリーが今季終了後にクラブを去ることを発表した。36歳の大ベテランは、下部組織入団から22年間を過ごしてきたクラブを退団することになる。

 退団声明の中で、テリーは「今でもピッチ上で大きな貢献ができると感じている」とコメント。「プレーを続けたいと強く望んでおり、新たな挑戦を継続することを求めていくつもりだ」と現役続行の意志を明言した。

 18日付の英紙『ガーディアン』は、テリーがプレミアリーグで移籍先を探すという見通しを伝えている。今年1月の移籍市場でもボーンマスやウェスト・ブロムウィッチ、ストーク・シティなどが、チェルシーで出場機会の減少しているテリーの獲得に関心を示していたという。

 イングランドを離れるとすれば、資金力の豊富な中国やアメリカ、中東などが移籍先の候補となってくるかもしれない。だが『ESPN FC』は、北米メジャーリーグサッカー(MLS)の関係筋からの情報として、MLSにはテリーの獲得に関心を抱いているクラブはないと伝えている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)