ここから本文です

ジャックとヘンリーの凸凹コンビ再び 新作『パイレーツ・オブ・カリビアン』新たな予告編

4/19(水) 5:00配信

リアルサウンド

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』より、予告編と新メイン画像が公開された。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』新たな予告編

 本作は、ヨアヒム・ローニング監督とエスペン・サンドベリ監督が、1作目の『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』をリスペクトして制作したシリーズ第5作目。孤高の海賊ジャック・スパロウの過去を知る“海の死神”サラザールが解き放たれ、海賊全滅へのカウントダウンが始まる模様を描く。

 このたび公開された予告編には、テーマ曲「彼こそが海賊(He's a Pirate)」にのせて、ジャック(ジョニー・デップ)がサラザールの復讐から逃れるただひとつの方法である、“最後の海賊”のみが見つけ出せる伝説の秘宝“ポセイドンの槍”を手に入れるために奮闘する姿が収められている。

 かつてジャックと冒険を共にしたウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)や、その息子ヘンリー・ターナー(ブレントン・スウェイツ)、孤独な天文学者カリーナ(カヤ・スコデラリオ)、宿敵バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)など、様々な登場人物の運命が交差する様や、ジャックが船上で逃げる姿、ギロチン台にかけられる模様、大砲が放たれギロチン台とともに飛んでいく様子なども収められている。

 さらに、ウィル・ターナーに加え、キーラ・ナイトレイ演じるウィルの妻エリザベスの姿も。“10年に1度しか陸に上がれない呪い”をかけられた父ウィルの呪いを解くため、“ポセイドンの槍”を手に入れようと、息子ヘンリーはジャックに近づくのだった。『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のジャックとウィルの関係性を彷彿とさせる、ジャックとヘンリーの凸凹コンビの掛け合いや、ウィルとヘンリーの親子の絆も映し出されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:4/19(水) 5:00
リアルサウンド