ここから本文です

美しい!今知っておくべきトランスジェンダーセレブ

4/19(水) 20:10配信

コスモポリタン

身体と心の性自認が異なる「トランスジェンダー」。“人とは違う“という偏見により様々な困難に直面しながらも、それらを乗り越え、輝かしい功績を挙げる女性10名をピックアップ! 未来はきっと明るいはず。

【この記事のすべての写真】10人のトランスジェンダーセレブ

カルメン・カレラ

最も成功しているトランスジェンダーモデルとして名を連ねるカルメン・カレラ。米人気番組『ル・ポールのドラァグレース』に出演し、ドラァグクイーンとしてトップに輝いたことで一躍有名に。あまりに美しいことから、<ヴィクトリアズ・シークレット>のモデルに起用してほしいとファンの署名活動が行われたほど。

幼い頃は、同性が好きなゲイと自認していたみたいだけど、やがて自分の中に女性としての性が芽生え性転換をするに至ったそう。2015年には、手術する前から長年お付き合いをしていたエイドリアン・トレスと結婚。実はふたり、米人気リアリティ番組「COUPLES THERAPY(原題)」に出演していて、結婚式の様子をテレビ放送した初のトランスジェンダーとしても有名!

ケイトリン・ジェンナー

ケンダル&カイリー・ジェンナーの父として知られるケイトリン・ジェンナーの旧名は、ブルース・ジェンナー。実は、十種競技の金メダリストとして功績を残している有名な元陸上競技選手。5歳の頃から女性としての認識があったそうで、2015年にテレビ番組を通してトランスジェンダーであることを公表。その後、女性の姿で米<VANITY FAIR>誌の表紙を飾ったことが世界中で話題に! 

今年に入って性転換手術を行ったそうで、4月25日には彼女がこれまで歩んできた人生を綴った自叙伝「THE SECRET OF MY LIFE(原題)」を発売予定。つい先日に孫と遊んでいる様子をパパラッチされたり、ケンダルやカイリーともしょっちゅう出かけていたりと、こどもたちとは良好な関係を築いているみたい!

ジャネット・モック

トランスジェンダーの権利活動家として知られる、スパイラルヘアが特徴的なジャネット・モック。元オンライン版<People>、現<Marie Claire>のエディターとしても活躍していて、誌面にてカミングアウト。また、“下層階級かつ有色人種のトランスジェンダー“として生まれついた自身の壮絶な人生を、赤裸々に綴った著書「Redefining Realness(原題)」を出版。この本がベストセラーとなり、各方面から支持を受けることに!

「自分の経験を書き、話すことは、最終的に過去を受け入れる後押しになったわ。そして私が、かつてチャールズという名で、たまたま男の子として生まれてきちゃったビッグドリーマーだった、という事実を迎え入れるきっかけにもね(<Marie Claire>より)」

2015年には、長年パートナーとして寄り添ってきたアーロン・トレッドウェル氏と結婚、自身のブログやInstagramにも素敵な姿をアップしていて幸せそう。

1/2ページ

最終更新:4/19(水) 20:10
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。