ここから本文です

英メディア満場一致で最低評価の屈辱… レスター岡崎、CL敗退のアトレチコ戦で不発、45分で交代

4/19(水) 7:43配信

Football ZONE web

「厄介」と運動量評価も、シュートミス直後に失点許す

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は現地時間18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝アトレチコ・マドリード戦の本拠地第2戦に先発出場し、45分間プレーで途中交代を命じられた。英メディアでは豊富な運動量で「相手守備陣の厄介者」と評価されたが、得点には絡めずチーム最低評価を下されている。チームも勝利が求められていた一戦で1-1の引き分けに終わり、2試合合計1-2でベスト8敗退が決まった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 岡崎は前半から中盤に下がり、中央からサイドまで広く動いて味方からのパスを引き出した。アトレチコのコンパクトな守備に対しても簡単にボールを失うことなく、ポストプレーでのチャンスメイクも冴え渡った。

 惜しむらくは前半21分の決定機の場面だ。レスターはMFマフレズ、FWヴァーディがパス交換で左サイドを突破。ゴール前へ走り込んだ岡崎にグラウンダーのパスが通ったが、右足のシュートはゴールの上へ外れた。その5分後にMFサウールの先制点を浴びた。岡崎のシュートミスを境に、試合の流れはアトレチコに傾いた。

 シェークスピア監督は後半開始と同時に高さのあるFWウジョアを起用し、岡崎をベンチに下げた。後半は勢いを手にしてFWヴァーディの追撃弾も生まれたが、堅守を誇るアトレチコから勝利に必要な3点を奪うことはできなかった。

岡崎キャリア初のCLは7試合1得点

 英地元紙「レスター・マーキュリー」で45分間のプレーだった岡崎の評価は単独ワーストの5点。寸評では「ハードに働いたが、要求を実行することはできなかった」と厳しい指摘をされている。

 チームトップ評価はゴールを決めたFWヴァーディで8点。サイドから良いクロスを供給していたMFオルブライトン、無念の負傷交代となったが、空中戦の強さを見せた主将DFモーガンが7点。その他の7選手が6点だった。

 英テレビ局「ITV」による選手採点でも岡崎はDFフクスと並んでワーストタイとなる5点。「プレッシャーの中、アトレチコの選手たちにとっての厄介者となったが、ゴールの脅威としての影響はわずかだった。そしてハーフタイムで交代された」と、前半に見せたポストプレーには一定の評価が与えられているものの、やはりFWとしての物足りなさは否めなかったようだ。

 トップ評価はヴァーディ、オルブライトン、ゴールにつながるシュートを放った途中出場のDFチルウェルの3人で7点。岡崎とフクス、出場時間が少なく採点がつかなかったDFアマーティを除く8人が6点だった。

 岡崎は英衛星放送「スカイ・スポーツ」で6点、英紙「デイリー・メール」で6.5点が与えられたが、いずれもチーム内ワーストタイの評価。普段通りに献身的なプレーは見せたが、大舞台でチームを勝利に導くことはできなかった。岡崎自身キャリア初のCLは7試合出場1得点という成績だった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/19(水) 7:43
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新