ここから本文です

序盤戦で見えたF1ホンダの悲しすぎる現実。勝負は夏休みまで我慢

4/19(水) 11:33配信

webスポルティーバ

「本当に散々な週末でしたし、大変情けない状況です……」

 バーレーンGPの決勝後、ホンダの長谷川祐介F1総責任者はガックリと肩を落としてそう語った。

【写真】マクラーレンほか…今季のF1参戦10チーム&マシン

 開幕前のバルセロナ合同テストから第2戦・中国GPまでの間、これといったトラブルが起きてこなかったRA617Hにトラブルが頻発した。そのすべてがMGU-H(※)のベアリングが焼きつくという問題だった。それによってシーリング(防水)が不完全になり、そこから冷却水が漏れ出した。

※MGU-H=Motor Generator Unit-Heatの略。排気ガスから熱エネルギーを回生する装置。

 金曜フリー走行でストフェル・バンドーン車に2度のトラブルが起き、予選Q2ではフェルナンド・アロンソ車、そして決勝直前にはふたたびバンドーン車に問題が発生。計4基のMGU-Hが、バーレーンの週末だけで壊れたことになる。

 何よりも長谷川を落胆させたのは、その問題の原因がまったくわからない、ということだった。

「こんなに短い走行距離で出ていることもあり、マイレージによるものとも考えにくいですし、4つも出ていますからパーツの個体差によるものということも考えにくい。フェルナンドの個体に関しては、この2戦で1300km近くも走っているものが、ここにきて突然壊れた。これだけ頻発するということは、砂の問題であるとか、どこか特定のコーナーが原因になっているとか、ここバーレーン特有の問題も疑ってはいますが、明確な原因はまだわかっていません」

 3戦目の予選まで1263kmを走行して壊れたものもあれば、バーレーンの土曜から投入した新品がわずか135kmで壊れたこともある。中国GPから投入したバンドーンの2基目のMGU-Hは、バーレーンにきてわずか43km走ったところでトラブルが発生しているが(総走行距離573km)、日曜から下ろしたアロンソの2基目は308kmを走行しても問題は起きていない。

 気温も金曜FP-1(フリー走行1回目)は36度だったが、決勝は24度。熱が原因ということも考えにくい。バンドーンの3基目に至っては、土曜にわずか54km走っただけで翌日のスターティンググリッドに向かう低速走行のレコノサンスラップで問題が発生しており、激しい負荷がかかる状況で壊れたわけでもない。

 今まで大丈夫だったものがバーレーンにきて突然壊れたという以外、何の一貫性も脈絡もないのだ。壊れたパワーユニットは月曜の朝と火曜の朝に相次いでHRD Sakuraに届き、内部を開封すると同時にオイルラインなどの分析による原因究明が急がれている。

 2日後に始まったバーレーン合同テストに向けてハードウェア的な対策を取ることはできず、依然として同じ問題に悩まされている。しかし、「次戦ロシアGPまでには絶対に対策を取る」と長谷川総責任者は強い言葉で断言した。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか